2017年04月25日

好きに表現していいんだよ

文章を色々書いていますが、
ワタシが、実は作文が大嫌いだった、と言ったら、多くの人は驚くかもしれない。

その理由は…

・「書けない」という状態に対して、フォローができない。
・そもそも書き方を教えられる教師が、ほとんどいない。

のに、書けないでいると、怒ってくるし、一方的にできる、できないと裁いてくる。

その上…
・「こう書くべき」というのから逸脱したら、一方的に先生が怒る。

上手くなる方法すら、教師が教えられない癖に、
何で一方的に評価をつけられるのか、それが理解できない。


言い返せる子であれば、まだいいのかも知れないが、そうでないと、理不尽で嫌な記憶しか残らない。

「あ、ワタシ、モノを言っちゃいけないんだ…」って。

同じような感じで、図工で理不尽な目に遭えば、
「あ、ワタシ、絵を描いちゃいけないんだ…」となってしまうし、

体育で理不尽な目に遭えば、
「あ、ワタシ、スポーツしちゃダメなんだ…」となってしまう子が、でてきてしまう。


そんな理不尽な感じが、ワタシ大嫌いなんだよね。
そして、心の中に重いものを抱えてしまい、みるみる輝きを失ってしまうんだよね。



ワタシの場合、海外に行くことができて、
「洗脳」から解けるきっかけがあったことは、本当に運が良かったと思っている。

というのは、「表現する」ことが良しとされるから、
少なくとも「書く」自分というのを肯定することができた。


日本ではびこっているこの感じが、「おかしい」と氣づくことができたから。

ドイツから戻ってきたとき、本当に驚いたモノ。日本に戻った瞬間に、一様に顔色が悪いのだから。



自分の感じていることを表に出していっていいんだよ。

別に誰かに見せなくてもいいから、自分の内にあるモノをさらけ出したら、本当に楽になっていく。
それだけなんだよね。

上手い、下手は関係ないし、自分の氣持ちが晴れていく…それだけでいい。


そう思って、文章を書いてきたし…
氣が付いたら、絵は描けないのに、冊子のレイアウトなんかも、仕事でやっていたし…
最近だと、写真まで撮るようになった。

この「解放感」というのを、もっと伝えていきたい…なんて思っていたりする。
posted by KAZU at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | これからの社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

「写真」にのめり込んでいった理由

#京都鴨川 の #納涼床 が準備中。

床で飲食できるのは、5月〜9月の間。

#京都 #鴨川


「写真」を撮っていると、時間を忘れることができる。

列車の中でも、街中でも、ふとした一瞬を切り取ってみたくなる。

「イマ、ココ」がきっちりと合った瞬間に撮れる、その「一瞬」が愛おしくて仕方がないのだ。
そして、その「一瞬」が撮れた時の感覚がたまらない。


表現すること自体は、好きだ。

例えば、モノを書くこと自体は、随分長いことやってきたから、慣れた方法ではある。
変幻自在に言葉を操ることもできるけれども、何かまどろっこしい感じがすることが結構ある。

降りてきた感じを、どう表わしたらいいのか…
そんなことを思っているうちに、消えて行ってしまうことがままある。

どうしても、「イマ、ココ」を解釈して表現する分、タイムラグが発生してしまうのだ。


写真だと、「イマ、ココ」との感覚が近い。
だから、「一瞬」のために神経が研ぎ澄まされていく感じがする。

その感じも好きなのかな…と。
posted by KAZU at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

100km以上でも「途中下車」できない…そんな時の対処法

大都市近郊区間 東京.jpg
(東京大都市近郊区間の図)

JRの場合、
・100km以上の旅程で、
・交わらないように一筆書きするように、
旅程を伸ばしていけば、「途中下車」して構わないと話をしました。

http://kazu-wiz.seesaa.net/article/449175271.html


しかし、「同じ大都市近郊区間」の中で発着する場合は、途中下車ができない…と話をしました。

大都市近郊区間(JR東日本の案内)
https://www.jreast.co.jp/kippu/1103.html

↑こちらを見ながら読んでもらうと分かり易いかと思います。

じゃあ、100km以上あるのに…

例えば、
・「東京⇒熱海」の区間を、横浜駅で降りて友達とランチしてから温泉へ
・「松本⇒東京」の区間を、下諏訪駅の諏訪大社に寄ってから帰る

こんな場合は、どうしたらいいの?という話をします。


対策の仕方は2通りあって、
1:区間外の隣の駅まで乗車券を買う
2:対象外となる「新幹線」の区間を買って在来線に乗る


どういうことなのか、お話をします。


1:区間外の隣の駅まで乗車券を買う

大都市近郊区間の端の方まで行くようなケースの場合は、コチラが有効です。

例えば、今回の旅程のように、
東京であれば、「熱海」や「松本」に行く場合。

関西方面であれば、「姫路」や「和歌山」なんかがいい例です。

100kmを越えていて、かつ区間外の隣の駅まで乗車券を買えば、途中下車が可能です。

ということは、
「熱海」「松本」が「大都市近郊区間」の境目なので、
その外側になる、
熱海の外側:「函南」
松本の外側:「北松本」
から買ってしまえば、100km以上の距離さえあれば、途中下車可能となります。

関西の例だと、
「姫路」だと「播磨高岡」だとか、「和歌山」だと「紀和」まで買ってしまうというのがいい例です。

もちろん、乗車券については、逆戻りしない限りは、全区間乗らないといけないと言うモノでもないので、
一部区間を乗らないで捨てることはできます。

だから、
「紀和⇒京都」の乗車券を買っておいて、「和歌山」から乗って京都方面に向かった後に、
まだ乗っていない、「紀和⇒和歌山」だけ乗るというのは、アウトです。


2:対象外となる「新幹線」の区間を買って在来線に乗る

これは、どういうことかと言うと…

大都市近郊区間(JR東日本の案内)
https://www.jreast.co.jp/kippu/1103.html


この説明の中で、路線図と一緒に、

新幹線で「○○〜○○間」をご利用になる場合は含まれません

と書いています。

例えば、「東京〜熱海」も対象になります。

だから、横浜駅で降りようとすると、ちょっとややこしいですが、
・「東京〜熱海」の区間を東海道新幹線
に乗るということにしてしまうのです。

ただ、この注意書きのある区間というのは、
並行している「新幹線」と「在来線」のどちらに乗っても構わないことになっています。
料金についても、(福岡を除いて)変わらないということになっています。

だから、「東京〜熱海」が新幹線に乗る乗車券だったとしても、普通に東海道本線で行ってしまって構わないのです。

関西の場合で、仮に「京都⇒姫路」の間でも、こちらも新幹線に乗ることにしてしまえば、
大阪駅や三ノ宮駅で途中下車してしまっても構わないのです。


さて、この方法のメリットのもう1つが、
「有効日数が伸びる」点にあります。

「大都市近郊区間」の場合、途中下車不可で、1日のみ有効のチケットとなってしまいます。

が、この手を使えば、
100km超えてかつ、「大都市近郊区間」ではなくなる訳ですから、
200kmまででしたら、片道の有効期限が通常通りの2日となります。


往復ならば、その倍となりますので、「4日」となりますので、ちょっとした用事で向かう時には、
ありがたいことだと思います。

参考になれば。
posted by KAZU at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする