2017年03月07日

「無様」を越えた向こう

「無様」でもいいと思えると、一氣に楽になる。
昨日も書いたけど、その感覚が腑に落ちた。

「無様」って、他人の評価や価値判断が入っている言葉なんだよね。
「他人の目」を氣にしている。
だから、動けなくなっちゃうんだよね。


だって、今までが、「他人の目」を気にする人生だったから。

学校でも会社でも「成績」に一喜一憂し、
かと言って、変に目立てば、「嫉妬」で返ってくる。
「好きなこと」を言えば、嘲笑された。

「出る杭は打たれる」そんな想念が主流の世界に、馴染もうとしていた。


でも…好きでもない人たちの「物差し」にワタシが従わないといけない訳?

評価や判断の基準って、言うけれども、それは誰が決めたものなの?

「常識」「通念」と言ったものでしょ?
「具体的な誰か」はいないんじゃないの?

もし仮に誰かが「常識」を振りかざして批判してきたとしても、
そんな人のこと、無条件で好きかい?

嫌われるのが怖いんだよね。
だから、「無様」だと言われるのが怖いんだよね。

嫌われるのを怖がって、
好きでもない人の「物差し」に合わせるよう、ワタシを曲げた所で、
その人、「物差し」をひん曲げてでも、「合わない、気に喰わない」と言うからね。


いいじゃん、放っておいて。
「無様」でもいいから、やりたいことやった方がいい。

どんな酷いものでも、慣れた世界を手放すのは正直怖い。
ワタシも今でも怖い。

氣付いた人から、「出る杭は打たれる」なんて古臭い世界脱出始めているからね。

そんな人たちの満ち足りた表情を見ていると…本当に幸せだと感じる。

ワタシは、「ワタシがやりたいことを全力で楽しんでいて、それを楽しめる人たちと過ごしていく」
それが一番いいと思う。
posted by KAZU at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | これからの社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

無様でもいいから とにかく やってしまえ

書こうと思ったけれども、思ったように書けない。
別のネタで書こうと思ったけれども、どうもしっくり来ない。
さっきまで、そんな状態だった。

ある程度のネタのストックはあっても、
そして、「書く」ことが好きでも、「何か違う」「書けない」ということは起こってしまう。

上手くいく精度を上げることはできる。
けど、「やっぱり何か違う…」ということは、どうしても起きてしまう。

その時は、無様でもいいから、何か書いてしまおうと思い、
浮かんでは消えていく言葉をひたすらにキーボードに叩き込んでいる。

得てして、こういった時の方が、すんなりと言葉が出てくるし、詰まっていた何かが出てくることがある。


というのが、こうして今まさに書いているうちに、
書こうとしていたネタが、「思考」に頼り切って、組み上げようとしていたことに氣付いたから。
そりゃ、まとめきれないはずだ。


というのが、
「あんなこと書いてはダメ。」
「こんなことを書いたらどう思われるだろう。」
なんて一々氣にしていたら、
キーボードを叩く手が止まったまま動かなくなってしまう。

浮かんでは消えていく言葉を片っ端からキーボードに叩き込めるのも、ある意味「芸」だと思う。
だって、やろうと思って誰でもできるものではないから。

でも、自分の中で「エンジンがかかった感じ」って、こういう感じなんだな…
とちょっと思い出してきた。

だから、考えがまとまらない時は、
片っ端から思い浮かぶ内容を書き出してみると、結構整理ができたりする。

当初、意図したネタとは違うけどまとまってしまった。

だから、ワタシが「書く」ということにこだわっているのも、
そして、楽しんでいるのも、そこなのかもしれない。
posted by KAZU at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

かつての「ワタシ」にさようなら

人生を通した無理がたたり、1か月余り前、完全に丸1日、「身体」が動かなくなってしまいました。
仕事はもちろんムリ。
最初は、ひたすら寝ていることしかできない程度。

「身体」と「心」のペースに合わせて1か月生活して、安定して「2速」で動ける程には回復しました。

「身体」と書きましたが、心が完全にギブアップしてしまっていたんです。
今まで、嫌だと思うことでも、何らか我慢をしてきていた所が多かったんです。

これを言うと、「は?」と言われるかも知れませんが…

「お金のために仕事をしないといけない」
「我慢して一生『仕事』を続けないといけない」

と信じ込んでいて、それが結構なプレッシャーだったのです。

実は、ワタシがドイツに1年逃亡したのも、
このプレッシャーが嫌でたまらなかったからというのがありました。

もちろんお金は、今の世の中大事です。
そのことは、重々承知しています。


でも、今までの世の中、特に日本には、「遊び」がなさすぎです。

そして、お互いを監視しては、ちょっとでも違う人間を見つけだし、「矯正」しようとする。
その感じが嫌で嫌で、たまらなかったです。

色々やって、世の中の「常識」「基準」から自由になろうとしてもがいていたのですが…
結局、過去の想念で絡め取られて、動けないままでした。

「仲間外れ」になるのが、怖かったから。
でも、本当の仲間が、ワタシを苦しめるなんてありえないのです。


そのことに何となく氣付いたからなのか…いや、思い出したからなのか、
心が1か月前に「ワタシ」を強制終了させたのです。

そもそも、1か月もの間、心身を休ませられた時期が人生において一度もなかったんです。

今まで何か時間やらお金やらに急き立てられていた感じがしていましたから。
いくら時間が空いたとしても、心が一切休まりませんでした。

でも、それも「ワタシ」が創った過去の創造。

この1か月の間、色々な過去にため込んだ、もう不要になった想念が、浮かんできて…
氣付くたびに、その想念を感じ切って、消していました。


「我慢」や「自己犠牲」を美徳だと思っているのであれば、そんなもん時代遅れです。
そんなもん、しんどいだけでしょ?

そんな想念、おさらばします。

久しぶりに言葉に感情がほとばしる感じがして…それが嬉しい。
何か、生きている感じがする。
posted by KAZU at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | これからの社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする