2018年03月29日

安易に岐阜出身だと言えない理由

タイトルにある通り、私は岐阜県の出身だ。

京都伏見に住んでいて、京都で生まれ育ったかのような顔をしているが、岐阜の人間だ。

しかし、安易に岐阜の出身だと言ってしまうと、こういうリアクションが返ってくる。

「飛騨高山いいですよね。」
「スキーできるんですか?」

これを言われても困るのだ。

岐阜県は、旧国名で言うと、南の美濃(みの)と、北の飛騨(ひだ) とに分かれる。
そして高山の方が知名度が高いためか、「飛騨高山」のことを言われることは結構ある。

岐阜県でも北に行けばスキー場は多い。
北に行けば、冬は雪がたくさん降る。


しかし、私は岐阜でも南の人間だ。

飛騨高山は、旅行でもしないと行かない別の国だ。
そして、南で雪なんて滅多に見ない。スキーって何よ?


「新幹線の岐阜羽島駅のあたり…」と言ったところで、のぞみも止まらない駅を 誰が知っているというのだ。
知っている人であっても、政治家によって誘致された駅(我田引鉄)だ…の話を向けられて、これはこれで面倒くさい。

岐阜の出身とはいっても、隣の愛知県「名古屋」の方がよほど親近感があるのだ。

困ったことに、
岐阜らしさって何って聞かれても、ほぼ名古屋らしさになってしまう。
「(越境)名古屋人」ということで勘弁してもらえないだろうか、と言いたくなる。

ゆっくり話ができる場面であれば、これを膨らまして話もできるのだが…
ちゃんと話をしようと思っても、そんな時間があれば別のことを話しておきたい場面の方が多い。

これが、あまり出身地の話をあまりしない理由の1つだったりする。

京都在住の期間が岐阜在住期間とほぼ並んだ今となっては、関西の人間だと名乗っても許されるのではないのか…とも思っているのだが。

<SNSフォローお願いします>
FB
https://www.facebook.com/kazuteru.yamauchi
ツイッター
https://twitter.com/YKazuteru
インスタグラム
https://www.instagram.com/koenigreichkazu/

<原稿・講演会のお問い合わせ・ご依頼>
ライター:個人プロフィール・Webの原稿など承っています。
講演会 :地域づくり・歴史・旅行・教育などを題材にお話します。

料金の目安
http://kazu-wiz.seesaa.net/article/458005156.html
お問い合わせ・ご依頼は…
https://ws.formzu.net/fgen/S78976118/
posted by KAZU at 23:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

岡山駅での乗り換えには、「音」にも注意を。

#岡山駅 到着。 色々な方面の列車が集まるので、鉄道ファンには楽しい 駅。
 これから鬼ゆかりの場所に行きます 。

#18きっぷの旅


取材で岡山にいたのだが、鉄道ファンからしたら岡山駅は楽しくて仕方がない。
色々な方面から多種多様の列車がやってくるのも楽しみの1つ。
なにせ山陽新幹線はもちろん、出雲方面、在来線の山陽本線の東西、四国方面や、岡山県内のローカル線が 集まっている駅なのだ。

だから、岡山駅でわざと時間を作って行き交う列車を色々楽しんでいた。

それだけでなく、岡山駅はホームによって列車が入ってくる時の音楽(入線メロディ)が違っている。在来線では、「いい日旅立ち」「汽車」「線路は続くよどこまでも」「瀬戸の花嫁」「桃太郎」の5つの曲が使われている。どの曲も旅行の気分を盛り上げてくれるので、好きだったりする。
こういう鉄道の楽しみ方をする人も世の中にはいるのである。

桃太郎線(吉備線)の方面にも行ったのだが、列車でも駅の到着案内ごとに「桃太郎」のイントロがかかるのである。今日だけで「桃太郎」を何回聞いたことか。ここまで来たら完全にネタなのだが。

出雲方面や四国方面に行く人であれば岡山駅で乗り換えることもあると思う。

ちょっと余裕があったら、ぜひメロディにも耳を傾けてほしい。


<SNSフォローお願いします>
FB
https://www.facebook.com/kazuteru.yamauchi
ツイッター
https://twitter.com/YKazuteru
インスタグラム
https://www.instagram.com/koenigreichkazu/

<原稿・講演会のお問い合わせ・ご依頼>
ライター:個人プロフィール・Webの原稿など承っています。
講演会 :地域づくり・歴史・旅行・教育などを題材にお話します。

料金の目安
http://kazu-wiz.seesaa.net/article/458005156.html
お問い合わせ・ご依頼は…
https://ws.formzu.net/fgen/S78976118/

posted by KAZU at 00:01| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

Google の音声入力は、ブログを書けるレベルに使えると思った。

この記事は一部音声入力を使って記事を作っている。
なぜならば手首の腱鞘炎で原稿をタイピングするのが非常に辛いからだ。

そんな時、たまたま昨日友人と話をしていたら、Googleの音声入力の話を聞いた。

昔のひどい音声入力を見ていたものだから、使えるわけないと正直思っていた。
でも、試してみたら、口述筆記にたえられるレベルの変換なのだ。
プラットフォームを整えれば、音声入力だけでも原稿を書けるのではないのかという、可能性を見出したのだ。
少なくとも、句読点を入れたり手直しはしているけれども、考えていることをラフに表現することは十分にできる。

さすがに依頼の文章は、スピードも関係あるので、タイピングが中心となるけれども、
ブログぐらいの内容であれば、腱鞘炎の手首をあまり使わないで、書こうと思ったら書けるのだ。

わかりやすい文章を書くだけだったら普段話してる言葉そのまま書けばいいだけの話。
だから Google 音声入力で原稿を作るのは十分ありの方法だと思う。

とにかく試してみる。そんなことが大切だと思った。
しばらくは音声入力と併用して情報発信していこうと思う。


<SNSフォローお願いします>
FB
https://www.facebook.com/kazuteru.yamauchi
ツイッター
https://twitter.com/YKazuteru
インスタグラム
https://www.instagram.com/koenigreichkazu/

<原稿・講演会のお問い合わせ・ご依頼>
ライター:個人プロフィール・Webの原稿など承っています。
講演会 :地域づくり・歴史・旅行・教育などを題材にお話します。

料金の目安
http://kazu-wiz.seesaa.net/article/458005156.html
お問い合わせ・ご依頼は…
https://ws.formzu.net/fgen/S78976118/
posted by KAZU at 18:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする