2017年04月19日

「好きなことを仕事にして生きる人たち」は、どんな人たちなの? @東京

先週の土曜日に京都を出て、今日戻ってきました。

というのも、16日に東京の浅草橋であった、「かさこ塾フェスタ」に行ってくるのが大きな目的でした。

「『かさこ塾フェスタ』って、何ぞ?」という人のために。

「好きを仕事にしている人たち」が100人近く集まって、普段していらっしゃることを披露する、
「見本市」だと思ってもらったらイメージしやすい
と思います。

参加している人たちに個性的な方々が揃っているなぁ…というのは、
Webを通して知ってはいましたが、どんな人たちなのだろうかと思い、直に様子を見に行ってきました。

どんなことをしている人たちなのか、一言では説明しきれないので…
「活動冊子」の表紙の一部を映した写真がコチラ。

かさこフェスタセルフマガジン.jpg



印象に残った方たちを何人か挙げていくと…

・世界一周母子旅トラベラー 「みかりん」さん
http://arancia.hatenablog.com/

・オモシロ消防訓練屋 吉岡さん(ヨッシー)
http://mazu-jibu.com/

・「広告×漫画」 広告漫画家 百万さん
http://hyakumanga.com/

・異界龍画師 緋呂さん
http://art-hiro-b.hatenablog.jp/

*紹介できなかった方、スミマセン。

見ての通り、肩書きも含めて、「ん?!」と目を引く。

その時点で、興味を持ってもらえるから、既に勝負あり。
それだけで「会ってみたい」と思わせる効果がある。

そんな人たちが、Webでこまめに情報発信している訳だから、
何をしているのかイメージをつかみやすくなる。
だから、肩書きの印象も含めて、より「会う」という行動につながりやすい。

そして、初対面であったとしても、「何となくこんな人、だったよなぁ…。」となる。
だから、話が進むのが早くなるし、親近感も湧きやすい。


そして…好きなことに、思いきりのめり込んでいるからこそ、やっぱりエネルギーが違うんです。

その雰囲氣の楽しさから、会場を出たり入ったりしながらも、ほぼ1日いました。
そして、帰ってからも、心地よく酔ったような興奮がなかなか冷めないでいました。


氣付き…というよりも、
今後具体的にどうしたらいいのか、その指針がはっきりした感じがしています。

手元に色々持っているのに、「好きなモノを語らない」なんて勿体ない。

自分の持っているモノを押していったらいい。

その押した結果、逃げていく人もいるかも知れない。
でも、同時に見た人、聞いた人の、心に深く刻むことができるかも知れない。

だったら、やった方が楽しいに決まっているじゃない。


思い切って、東京まで行った甲斐がありました。
かさこ塾の塾生の皆さま、改めて感謝いたします。
posted by KAZU at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

雨と一緒に降ってきた、「好き」の感じ

雨☔  明るい青の #レインブーツ を履いて外出。
それだけで、テンション上がって、晴れやかな氣分に。

#ハンター #hunterboots #長靴大好き



北海道旅行の際に履いていった、この明るい青のレインブーツ

今日は雨だったので、履いて出かけた。
明るい色だというのもあって、心が晴れやかになる。

↓↓北海道旅行の話
http://kazu-wiz.seesaa.net/article/444204971.html?1490968295

目立つよ。
札幌市内でも注目されたくらいだから。

「子どもっぽい」とか思う人もいるかも知れない。


でも、そんなの氣にならなかった。
雨の中、長靴履いてお出かけするのが好きだから。


何で?と言われると、

雨の中にいると、心まで浄化される感じがするから。
そして、長く外にいようと思うと、足元を守ってくれる長靴が頼もしくて仕方ない。

…と、いうのは確かにある。


でも、「好き」なことに理由も何もない。

ただ、夢中になっているだけ。

「好き」ってそういうことなんだと、氣づきが雨と一緒に降ってきた。
posted by KAZU at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

「天橋立」で感じたこの「世界」の本質

大江山を越え、朝早くに着いた、#天橋立 
松林を隔てただけで、澄んだ雰囲気。
#乗り鉄 #アーシング #春分の日


春分の日のことですが、朝一番に天橋立に。

連休中なので、朝と言えど人はそこそこいました。

ほとんどの人が、そのまま松並木の中を北に行ってしまう中、
ワタシは東側の砂浜の方へ。

砂浜は人もまばらで、心地よい波の音だけが聞こえる。


思わず…

天橋立 アーシング.jpg


靴を脱いで、砂浜に立つ。
ちょっと湿った砂地を通して、ただ地球と繋がる心地よさ。

静かに「ワタシ」が溶けていく感じがした。


「ワタシ」と「世界」とが1つになる経験をすることで、
「ワタシ」に還っていくことができる。

すると、身体の緊張が抜け、心地良くなっていく。


そのために、色々な所を旅して巡っている。


「ワタシ」を整えに行く場所で、「ワタシ」に還る。
そうすれば、自ずと現実も望ましい方向に向かっていくのだから。
posted by KAZU at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする