2017年05月10日

「男」をやめたい

生物的には「オス」なのだが、「男」として扱われるとつらい。

「男」をやめたい

色々な誤解を生むおそれがあるから、ちゃんと言っておく。

・ 肉体を「女」にして、完全に「女性」として生きたい訳ではない。
  (「女性」の振る舞いを四六時中求められるのもつらいのは分かっている)
・ ワタシは同性愛者ではない。 恋愛対象は女性だ。

そして、一番大事なのは…

・ 社会的な「男」に付与されたイメージが重過ぎる。それが、ワタシにはとことん合わないし、しんどくて生きづらい。

ということ。


小さい頃から、こんな「大人の男」を見てきた。

・ 家族を支えるために嫌々仕事に行って、しんどそうにしている父
・ 生まれ育った地域の男を見ていても、嬉々として仕事している奴を見たことない
・ 電車に乗っても、一様に男の顔が死んでいる
・ 嫌なことがあったとしても、我慢を強いられる
・ 定年まで嫌であったとしても仕事をしないといけない。

子どものワタシには、こうなりたいなんて1ミリも思えなかったし、今でもそう。

じゃあ、どう生きりゃいいんだよ…なんて、ずっとイライラしていた。


まして、ワタシが中学生だった頃に、男女の関係については「最悪」の洗脳を受けていたようだ。

折りしもバブルの頃だった。
「メディア」で流れてくる、「アッシー」だとか、「メッシー」だとか「ミツグ」だとか…
「男」は「女」にここまでして当然みたいな感じ。

「世の女って、ここまでせんと、つきあえんの…」と唖然としていたもの。
心の底で思っていたんだろうね、「あ、これは相手するの無理だ」って。

実際には、そんな女性ばかりではないというのは、歳を取って頭では理解できるようになった。

でも、実際に付き合った経験のない当時中学生だったワタシは、
その狂った情報を、知らず知らずのうちに真に受けていたようだった。

イタタタタ…だよ。
実際は全然違うのにね。


何かしてもらって当然だと思っている人からだったら、「甲斐性なし」と言われるだろうね。
こんな話をしたら、一般的には「魅力的」には映らない話だと思う。


それでも、勝手に創造された「男性性」を要求されても苦痛以外の何物でもない。
まして、勝手にイラッとされた所で知ったこっちゃない。

「察して」ができない人間だから、言ってくれんと分からん…としか言いようがない。


「男/女だからどうあるべき」なんて話、もういらないんじゃないかな。

「男性性」だとか、「女性性」だとか、共通の「概念」を消費するために生きている訳じゃないんだから。


そんな勝手な「性別の概念」に踊らされて、何が楽しいの?と思う訳。
その「性別の概念」に苦しんでいたワタシも、同時にイタタタタと思う訳。

それでも「男性性/女性性」に踊らされたい人はどうぞ。
でも、ワタシはその「性別の概念」のダンスをしようと、手を差し出すことはしませんから。


「男」だから、「女」だからという「概念」振り回すの、お互いやめにしませんか?
じゃなくて、「ワタシはこうしたい」「ワタシはこうして欲しい」と言えばいいだけの話なのにね。


説教・批判・嘲笑・からかいなら、今まで散々受けてきたから間に合っている。

そして、肉体的な「性差」を否定するわけじゃない。
そこまで否定したら、「子どもが欲しい」という生物的なワタシたちをも否定することになっちゃうから、
おかしな話になってしまう。

一緒にいて楽しいと思える相手とだけ時間を過ごせればいい、ということだけ。
posted by KAZU at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去のKazu | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

リスニングができるようになるコツ

近所にある、カルディでの出来事。


ラテン音楽が流れている。歌詞は当然スペイン語。

ただ、スペイン語に関しては、歌のスピードで普通に話をしたとしても、意味を理解できるほどの力はない。
まして、歌となれば、一般的には、さらに数段難しいと言われている。


それでも、何とか意味を取ろうとして必死になっていることが、よくあった。
今回は、お氣楽な買い物のひとときだったので、聞こえるに任せて「意味を取る」ことを放棄してみた。


すると、聞き覚えのある単語が浮かび上がってきて、何となくだけれども意味が見えてくる部分が出てくる。
スペイン語については、しばらく離れていたが、これでいいんだ、という感じだった。



多くの人は、英語のリスニングなどで、「完璧に理解しないといけない」と思っているだろう。
そして、学校の世界では、理解できなかったら、容赦なく「×」を食らう。

そんなんやっていたら、できるようになる訳がない。
「できない」というデータをせっせと潜在意識に放り込んでしまうのだから。


抑揚の関係で、ほとんど聞こえない音だってある。
そもそも、母語である日本語ですら、一音たりとも聞き逃さずやっている訳がない。
外国語ならなおのこと。


心構えとしては…

最初は、「何か聞いた覚えのある単語」を見つけるくらいの感覚で聞いていた方が、ちょうど良いのかも知れない。

「分からない」とは言うけれども、そもそもその言語のインプット自体が少ないケースがほとんど。
だったら、音という形でインプットしてあげる必要がある。

そんな状態で、文を理解せよ…というのは、ちょっと無理がある。


それよりは、少しでもいいから「分かる」という感覚になった方が、力が伸びやすい。

「聞いた覚えがある単語」が増えていくと、
氣が付いたら「何となくこんなことじゃないかな…と分かる」段階に行くようになる。


実際には、文章を読む・書くなど…他の練習の助けもあった方が上達は早い。
でも、この「聞いた覚えがある」くらいの「小さなできる」を繰り返していくことは、大切だと思う。


「小さなできる」が続くと、
「あれ、ウチこれできるんじゃね?」と、いい意味での「勘違い」が起こり出す。

そうすると、スルスルと上達していく道に入っていく。


リスニングだからと、構える必要はない。
「聞いた覚えのある単語」を見つけることからやっていけばいい、と思って氣楽に聞くことから始めたらいいと思う。

「できない」ことを嘆いていないで、「小さなできる」を大切にして、続けること。
それがリスニングの最大のコツだと。
posted by KAZU at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国語・英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

水の龍が住まう場所

東北の日本海側・出羽を象徴する鳥海山
その麓にある、「瀧」を案内してもらいました。

龍のイメージの #開運出世の瀧
水の流れと共に、エネルギーが流れてくる

#山形 #庄内 #鳥海山 の麓の、 #玉簾の滝 「水なる竜」が周りを清める






   写真: 左・開運出世の瀧 右・玉簾の滝



「瀧」から感じる清らかなエネルギーは強力で、抱えていたものを洗い流してくれる感じがします。
実際、左の開運出世の瀧は、特に強力でした。


瀧めぐりをしていた時に、はたと氣づいたのですが…

「瀧/滝」という漢字は、「さんずい(水)」に「龍/竜」でできているのです。

この漢字を創った人は、「瀧」が水の持つエネルギーの場であることを、おそらく感じていたのでしょう。


東洋で言う「龍」は、「エネルギーの流れ」を象徴していて、「想像上の生き物」として描いているのです。

その感じをなんとなく理解するには、「まんが日本昔ばなし」のオープニングを思い浮かべてもらうといいかと思います。

20代以下の方は見たことない人もいると思うので…



自然と溶け込んで悠然とした感じ。
このオープニングは子ども向けなのでだいぶゆるいですが、それでもエネルギーがある感じです。



水の流れる場所は、心身ともに癒されていく感じがします。
ワタシ自身もふとした時に水辺に行っているのは、それが理由の1つなのかも知れません。


その中でも、やっぱり「瀧」は凄いなと思ったのです。
まさに、「水なる龍」がそこにいる感じ。

「瀧」を見て、「水なる龍」を想像していたと思うと、その想像力に驚きます。

瀧のそばでしばらくボーっとしているだけで、自分の中にあった重いものを色々と流していってくれます。


特に、酒田を中心とした庄内自体が、自然豊かな場所なだけに、より「エネルギー」の高さを感じます。
「龍」が生き生きとしている感じ。


だからなのか、酒田では、相当な数の「龍」の形をした雲に遭遇しました。

龍の雲.JPG 酒田市美術館より.JPG

あの瀧は、もう一度行ってみたい場所です。