2017年01月14日

「役に立つ」だけでは、もう通用しないのでは?

昔語りを少々。

ワタシの父、子ども時代に困窮していたからなのか、
「役に立つのか?」「金になるのか?」というのが、判断基準だった。

だから、「役に立たないこと」というのは、唾棄すべきものだと考えている節があった。

しかも、父は我慢した働いているものだから、
どうも「楽しそう」にしているワタシらを、どこか快く思っていない節があった。


だから、何かに熱中して遊んでいると、色々鬱陶しいことを言われたものだった。

しかも、インドアな遊び…例えば、ボードゲームとかが好きだったのもあって、
余計に目をつけられていたのかも知れない。

運動のできなかったワタシにとって、子どもの頃に、外に行く楽しさなんて、ちっともなかった。
はっきり言って、行きたくなかった。


氣が付いたら、ワタシも「役に立つこと」しか追い求めなくなっていた。
そして、感情を出さなくなっていた。


そこにあったはずの「楽しさ」だとか、「面白さ」だとか…
あるいは、理不尽さに対する「怒り」「悲しみ」も…


でも、「役に立つ」だけで生きていたって、面白くも何ともない。

ワタシが、進学校に行って感じた、数少ない嫌な面というのが…
「受験に関係ないことは一切しないノウハウコレクター」が、結構な数いるということ。

そんな人たちが世の中取り仕切っていったら…、そりゃ面白くなるはずがない。

彼らから、「何をしたい」ということを感じなかった。
そして、おそらくワタシもそうなっていた。


でも、最近よく感じる。
「役に立つ」を基準にする時代は、もう終わったと思っている。

そうじゃなくて、体感したことを自分の言葉で語ることができる。

それが、「違い」を生み出す
のだと。

それは、言葉でなくてもいい。
人によっては、絵であったり、映像だったり、身体を使う方法だってある。
手段はどうだっていい話。

でも、自分の体感を表現せずに、人の共感は得られないということ。

素直な感情表現には、本当に力がある。
言葉でも、他の媒体でも、感情が乗ったモノって、動かす力があるから。

ただノウハウだけをコピーしてやったところで、絶対に真似できないから。


それを表現するには、色々なことを経験してくことで、どんどんと磨かれていく。

「自分はどう感じているの?」ここを基準にしだしてから、本当に面白いことが多くなってきている。

だから、「役に立つ」もいいんだけれども…
そんなこと言う前に、自分はどう感じているの?
そこに氣付くことが、もっと大事なんじゃないかと、思っている。
posted by KAZU at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去のKazu | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

仕事で「ワタシ」を失っていた

ここ数日、重いものが浮き出てきた。

「仕事」について…ベッタリと重い想念がくっついていた。
どす黒い想念が、次から次に湧き上がってきていた。

「ワタシでない何者か」に必死になろうとしていたのに氣付く。(苦笑)

本当に仕事なかったもの。
ドイツでも、日本でも。
仕事については「経験ないんならムリ」と散々言われた、20代。


何とかありついた仕事でも…

本当、イジメも散々受けたし、散々からかわれきて、非常に不快な思いをしてきた。

読めもしない「空気」を読もうともしたけれども、意味はなかった。

見るからに満たされていない「お局」によるいびりも受けた。
別の職場では、財務諸表しか見ずに、「退職勧奨」してきたクズもいた。


それでも、ここを手放したら「次の仕事がない」と思っていた。
だから、どんだけ酷い目にあっても我慢してきた。

鴨川に飛び降りようと思ったことも数知れない。
でも、死ぬこともできなかった。


経験はいくら積んでも、不安でしかなかった。
どうせ誰も認めてくれないと思っていた。

20代で面接で難癖つけられてきた経験が嫌で嫌でたまらなくて、
二度と面接を受けたくないと思っていた。

ワタシを知ってもらおうとするのが、本当に怖かった。

だから、「仕事」…と言うより、「職場」に必死になってしがみついていた。

そして、「職場」で居場所を創るために、
そんな連中を問答無用で、実力でねじ伏せようとしてきた。
仕事を完璧にこなそうとしてきたし、資格も取ったりもした。

でも、必死になって「ワタシでない何者か」になった所で…

「ワタシ」のことを嫌う奴は、嫌う。
難癖つける奴は、難癖つける。
理解しようとしない奴は、理解しない。

心身ボロボロにして媚び売ってまで、付き合う必要性なんてなかったんだ…と氣付いた。

こうして書いた文章を読み返してみた。
これ…ワタシが創り上げていた現実なんだって。

「酷い経験」を引き寄せて当然な、「酷い想念」だった。

ボロボロになって泣いている。
posted by KAZU at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去のKazu | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

関西に来て助かったと思っていること

最近会う人は、ワタシのことを関西人だと思っている人も結構いるようですが。
生まれは関西ではありません。


大学入学とともに、関西にやってきました。
そして、氣が付いたら、関西にきっちり(?)馴染んで、1X年となります。

人によって合う合わないはあるかも知れませんが、
少なくともワタシは関西に来て助かったと思っています。

関東に行ったり、まして地元に残っていたら…結構つらかったかと思います。

何故かというと、失敗や重い感情を「ネタ」にしやすいから。
その「ネタ」を笑い飛ばすことがしやすいから。


「失敗をネタにして笑う」のと、「失敗を嘲笑う」のは全然別ですから注意してください。

「ネタにして笑う」=カラッと軽い感じ 自分もやらかしたと分かっている 一緒に元気になれる
「嘲笑う」=やらかした人間を失笑。 ジメッと重苦しい 嘲笑された対象は深刻に受け取る可能性がある

地元で他人の「嘲笑う」感じで随分嫌な思いをしてきましたから、

「笑い」を取るのが上手い人は、
ちゃんと「正道」を知っていて、あえて自分で間違いをさらりと犯すこともできる人のように思うのです。
それは一番スマートな「笑い」のように思います。


「笑う」風土があるから、こうしてワタシが今でも生きてられると思うことが多々ありました。

とは言っても、その「笑い」に馴染めるようになるまでも結構時間がかかりましたが…


最近特に思うのですが、「笑う」ことの効果って測り知れないものがあって…

15193442_1169663883118671_5568597705139284648_n.jpg

「笑っている」と、↑↑こんな感じで、
苦しみなどといった「重い感情」が抜けていってくれるんですね。

それにこの「重い感情」自体も、コミカルな感じでどこか「愛おしい」感じすらあります。

…となったらしめたもの!
そしたら、自分の中にある過去の感情はスッと消えていくとともに、
過去の感情に氣付きやすくなります。


というのは、感情の中でもある程度表に出しやすいモノでもありますし、
自分の意識自体が軽くなっていきますから、それとズレのある「重い感情」が浮き彫りになりやすいです。


いきなり「笑い」を取れるようになりましょうとか、
ムリに自分の感情とネタにするために向き合う必要もないです。

それは、無理をすることになりますから。



何でもいいので、カラッと笑えるネタを日常から見つけるだけでも、かなり違ってきます。
関西にはそういうモノには事欠きません。

例えば、
↑↑みたいなネタ写真を撮ってみるのもいいかも知れません。
(ワタシは好きだからやっているだけなんですけどね。)


「笑っている」うちに氣が付いたら、
↑↑上の写真みたいに重い感情も抜けていきますから。


注)今日の写真は、京阪のDQ列車の「マネマネ」というモンスターを背景に自撮りしたもの。
「マネマネ」と今日の話は一切関係ありません。
posted by KAZU at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去のKazu | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする