2017年03月07日

「無様」を越えた向こう

「無様」でもいいと思えると、一氣に楽になる。
昨日も書いたけど、その感覚が腑に落ちた。

「無様」って、他人の評価や価値判断が入っている言葉なんだよね。
「他人の目」を氣にしている。
だから、動けなくなっちゃうんだよね。


だって、今までが、「他人の目」を気にする人生だったから。

学校でも会社でも「成績」に一喜一憂し、
かと言って、変に目立てば、「嫉妬」で返ってくる。
「好きなこと」を言えば、嘲笑された。

「出る杭は打たれる」そんな想念が主流の世界に、馴染もうとしていた。


でも…好きでもない人たちの「物差し」にワタシが従わないといけない訳?

評価や判断の基準って、言うけれども、それは誰が決めたものなの?

「常識」「通念」と言ったものでしょ?
「具体的な誰か」はいないんじゃないの?

もし仮に誰かが「常識」を振りかざして批判してきたとしても、
そんな人のこと、無条件で好きかい?

嫌われるのが怖いんだよね。
だから、「無様」だと言われるのが怖いんだよね。

嫌われるのを怖がって、
好きでもない人の「物差し」に合わせるよう、ワタシを曲げた所で、
その人、「物差し」をひん曲げてでも、「合わない、気に喰わない」と言うからね。


いいじゃん、放っておいて。
「無様」でもいいから、やりたいことやった方がいい。

どんな酷いものでも、慣れた世界を手放すのは正直怖い。
ワタシも今でも怖い。

氣付いた人から、「出る杭は打たれる」なんて古臭い世界脱出始めているからね。

そんな人たちの満ち足りた表情を見ていると…本当に幸せだと感じる。

ワタシは、「ワタシがやりたいことを全力で楽しんでいて、それを楽しめる人たちと過ごしていく」
それが一番いいと思う。
posted by KAZU at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | これからの社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

かつての「ワタシ」にさようなら

人生を通した無理がたたり、1か月余り前、完全に丸1日、「身体」が動かなくなってしまいました。
仕事はもちろんムリ。
最初は、ひたすら寝ていることしかできない程度。

「身体」と「心」のペースに合わせて1か月生活して、安定して「2速」で動ける程には回復しました。

「身体」と書きましたが、心が完全にギブアップしてしまっていたんです。
今まで、嫌だと思うことでも、何らか我慢をしてきていた所が多かったんです。

これを言うと、「は?」と言われるかも知れませんが…

「お金のために仕事をしないといけない」
「我慢して一生『仕事』を続けないといけない」

と信じ込んでいて、それが結構なプレッシャーだったのです。

実は、ワタシがドイツに1年逃亡したのも、
このプレッシャーが嫌でたまらなかったからというのがありました。

もちろんお金は、今の世の中大事です。
そのことは、重々承知しています。


でも、今までの世の中、特に日本には、「遊び」がなさすぎです。

そして、お互いを監視しては、ちょっとでも違う人間を見つけだし、「矯正」しようとする。
その感じが嫌で嫌で、たまらなかったです。

色々やって、世の中の「常識」「基準」から自由になろうとしてもがいていたのですが…
結局、過去の想念で絡め取られて、動けないままでした。

「仲間外れ」になるのが、怖かったから。
でも、本当の仲間が、ワタシを苦しめるなんてありえないのです。


そのことに何となく氣付いたからなのか…いや、思い出したからなのか、
心が1か月前に「ワタシ」を強制終了させたのです。

そもそも、1か月もの間、心身を休ませられた時期が人生において一度もなかったんです。

今まで何か時間やらお金やらに急き立てられていた感じがしていましたから。
いくら時間が空いたとしても、心が一切休まりませんでした。

でも、それも「ワタシ」が創った過去の創造。

この1か月の間、色々な過去にため込んだ、もう不要になった想念が、浮かんできて…
氣付くたびに、その想念を感じ切って、消していました。


「我慢」や「自己犠牲」を美徳だと思っているのであれば、そんなもん時代遅れです。
そんなもん、しんどいだけでしょ?

そんな想念、おさらばします。

久しぶりに言葉に感情がほとばしる感じがして…それが嬉しい。
何か、生きている感じがする。
posted by KAZU at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | これからの社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

「リトリート」のススメ

「リトリート」って、何ぞ?と言われると思うので…

元々は、英語で「retreat」 原語は、「後ろ(re-)へ引っ張ること(-treat)」
日本語だと「退却・撤退(する)」といった意味合いになります。

表から引っ込むので、「隠れ家」とか、「休養」といった意味も出てきます。


退却・撤退というと、ともすると否定的にとる人がいますが、
引くこと自体、良いも悪いもないです。


必要だから、「引く」必要があるのです。

何が言いたいのかと言うと、
今までの世の中で良しとされてきたことが、「前のめり」過ぎだったと思うんです。

みんな揃って、仮面舞踏会か、ベルばらかよ、と突っ込みたくなるくらい、「装い」まくるんです。

同時に、氣が付いたら、他の誰かが、ワタシにお構いなく、ワタシの氣に入らない衣装を「装わせよう」としてくるんです。
そして、多くの人は嫌々ながらその衣装を「装ってしまう」んですね。

例えば、どんな「衣装」を着せられるのか?

・常識
・べき論
・世間体


でも、「それだけ」ならば、しんどくないですか?


だから、会社・学校・家庭以外の場所で、「楽に過ごせる場所」というのが重要だと思うのです。
要は「リトリート=逃げ場所」を創ることです。

特に、対人関係のトラブルがあるときは、本当に大事です。

ここ1年、ワタシがやり続けてきたことというのが、
「ワタシのリトリート=逃げ場所」を創ることだったんです。

「逃げ場所」と言うと消極的に聞こえるかも知れませんが、
「素のワタシ」に還れる場所を創っておくことが、大事だと思って色々な所に行きました。

その基準は、「楽しそう『かも』」と感じる所なのです。


『かも』というだけあって、何となく「いい」と感じたことをやってみるだけでいいのです。

別にいきなりどっぷりとはまる必要もないですし、
違うと思ったら、別のことに向かえばいいだけです。

氣が付いたら、いくつか「逃げ場所」って見つかっていくものです。


列車の旅やボードゲームもそうなのですが…

寺社仏閣を回っているうちに、
ハイキングで森に入っていくことが好きになりました。

素で付き合える友人たちに出会えていることが、何よりうれしいのです。

「好きなことを好き」と言える…そんな場所を創りたい、とやっぱり思うんです。
だから、ワタシは「好き」なことをどんどんしゃべっていきたいです。


それでも、「前のめり」で生き続けたい人はどうぞ。
しんどい時も出てきますから、「引く」ことも大事です。


ワタシ自身はこうして「逃げて」良かったと思いますよ。
素に戻っていくうちに、「逃げた」ことを「恥」だとも思わなくなりますよ。

だって、「好き」なモノは「好き」なんだから。

「好き」なことをやっていたら、
そんな嫌な「衣装」の着せあいなんかに、関わっている暇なんてありませんから。

逃げるは「恥」でないし 役に立つ

お後がよろしいようで…
posted by KAZU at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | これからの社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする