2017年06月14日

自分で仕事をするならば、ブログを書いた方がいいと思う理由

ブログを書いていると、あまり面識のない方に会ったとしても、
あるいは、久しぶりに会ったとしても、話が早く進むので助かる。

というのは、自分の、伝えたいこと、氣にしていることは、ブログに置いてあるからだ。
その結果、自分の背景を一から話す回数・時間が減ることになる。

すると、いきなり本題から入ることができるし、親近感もより湧くことになって、話の進み方が格段に違う。


Webに、(過去のものだったとしても)自分の「分身」を置いておく、と考えたら、
いいかもしれない。
その「分身」が勝手に自分のことをしゃべってくれている。

こんなにありがたいことはない。

自分で仕事をするとなったら、書けば書くほど楽になっていくことを最近実感したところだ。
posted by KAZU at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | これからの社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

差別しておいて、協調性を求めるのっておかしくない?

学歴の話で、久しぶりに頭が痛い。


仕事を探していて、職務経歴書を某所へ持って行った時の話。

担当者が酷かった。
ワタシが「旧帝大卒」だと氣付いた途端、突っかかってきた。


面接にたどりつくだけでも苦労するだの…云々。
その上、人の経験を否定しておいて、1ミリも興味持てない職種の話をしだす。


どやかましいわ!

昔も仕事を探していた時に…
「高学歴」だと見ただけで、グチグチ突っかかってくる面接官も、たくさん見てきた。
その手の自分の劣等感をぶつけてくる奴も、たくさん見てきた。

大人だけじゃない。
子どもの頃から、「頭がいい」ことをやっかんで、面倒なことしてくる奴が本当多かった。


手前の勝手な狭い世界での偏見、
自分では手に入らないゆえの「マウンティング」、
あるいは、自分の理解を越えてしまっている「不気味さ」を感じている、というのが、今であれば頭では理解できる。


学歴なんて、世に出てしまえば微塵も役に立たないから、別にどうでもいいと自分では思っている。
が、学歴の話をせざるを得なくなった瞬間、
否応なくこういった鬱陶しい感情をぶつけてくるのが、後を絶たないのは、非常に腹立たしい。


そして、やっかみを受ける度に、
何かワタシが悪いことしたんか?
「頭がいい」ということは、そんな罪深いことなのか?って、ね。
「存在していてすみません、もう消えます…」とでも常に言い続けないと、アカンのかって。

何でここまで卑屈にならないといけないの?
たまたま「頭がいい」という属性を持っていただけで、何でこんな生きにくい思いをしないといけないの? って思う。


ふざけるな!

自分の能力を伸ばしてきただけなのに、こんな不当な扱いを受けるいわれは一切ない。


はっきり言う。

「学歴」自体は、何も生まない。
ただ、学ぶことに意味があるかも知れないだけの話。
何かに打ち込むことのできる証明にひょっとしたらなるかも知れない程度。

「学歴」を仮に誰かに譲渡することが許されるのであれば、喜んで差し出す。
まして、こんなクソみたいな差別を受けるのであれば、何の対価もいらない。


他人の「学歴」にやっかみを入れている暇があるのであれば、それ以外のことで自分を本気で伸ばせばいいだけの話。

だが、嫉妬からか、人の足を引っ張ることしか考えていない大人が多すぎる。


そんな差別を片やしておいて、そんな態度を若い世代に見せたとして、
果たして若い人たちが「勉強」することに意味を見いだせるか、ちょっと考えて見て欲しい。

できる限り目立たないように大人しくしようとする人が断然増えるだけだ。

それで、「個性のある人材が欲しい」とか、
「自己研さんを積んで欲しい」とか、おかしいと思わないだろうか?

自分の能力を伸ばすために努力するのが、馬鹿らしくなったりしないだろうか?

出る杭を打つくせに、特徴のある人間が集まる訳ないでしょう。
だから、この国には、つまんなそうな顔した面白くない大人が多い、非常に残念な状態だ。


ニート増えている原因の1つは、結局そういうことなんじゃないの?

しょうもないことで目の敵にして、叩いて悦に入っている大人が多すぎるからじゃないの。
ストレスを人を叩くことでしか発散できない、情けない大人が多すぎるからじゃないの。

だから、他人の顔色伺っているうちに疲れてしまって、「会社人」なんかになりたくない…と思っていたとしても、何の不思議もない。


ここまではっきりと言うと、「これだから高学歴は協調性がない」とか言うのが必ず出てくる。

言いたければどうぞ。
ただ、同時にあなたを「差別主義者」として扱いますけれどもいいですか?

だいたい、意味も分からず叩いてくる人間と誰が仲良くやりたいと思うのだろうか?
一方的に差別しておいて、協調しようなんて奇特な人間なんていないだろう。


多くの高学歴の人は、わざわざここまで言わない。
ここまで言うと「品がない」と思っているから口に出さないだけ。

ただ、私は違うと思っている。
黙っているのをいいことに、差別的な行為を助長させるのは私は見過ごせない。



その某所から今後連絡があったとしても、一切相手にしないことにする。
関わった所で碌な結果にならないのは目に見えているから。


自分の能力や経験を、頭から否定されると、流石に腹が立つ。
それは誰だって一緒の話。

「頭がいい」ことを鼻にかけている人間は別だが…
「頭がいい」からと言って、一方的にサンドバッグになっていい理由は1つもない。

それだけの当たり前の話。
posted by KAZU at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | これからの社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

「ふるさと納税」でモノを配るくらいなら、廃止した方がいいでしょう

返礼品を目当てに「ふるさと納税」をする人が結構いるらしい。

その中で、「ふるさと納税」の返礼品をやめた自治体があるらしい。
埼玉県の所沢市のお話。

ふるさと納税返礼品、やめたら寄付ゼロ「でも良かった」
http://www.asahi.com/articles/ASK5961S8K59UTNB014.html


記事にある所沢市のケースでも、2016年度で、3700万円のふるさと納税があった上で、その4割程度(1500万円程度)が返礼品になっていた模様。

「ふるさと納税」の返礼品を何となしに眺めていて、納税額の4割程度の値段のモノが返礼品として並んでいるという感覚はあった。


でも、返礼品は、その地域の豊かさを生むであろう、「特産品」であることが多い。

それならば、その「特産品」を目当てに現地に来てもらうなり、ネットで販売するなりなどして、売り上げとして上がってくれた方が、結果的にその地域の人も直接豊かになるし、地域の税収が堅調に上がるんじゃないの?と思ったりする。

今でこそ、ウェブを使えばPRなんてコストはほとんどかからない。
そっちに労力を割いた方が賢いんでないの、と思う。

例えば、各地の観光協会や自治体のサイトを見るけれども、これは!と思うのはほんの一握り。
8割くらいのサイトは、ワタシの興味のあるテーマがその街になかったら、決して見ないであろうレベルのモノばかり。
観光資源のある街ですら、その有様だったりする。

外野で色々見てきただけに、何でPRにもっと労力を割かないのだろうか?とつくづく思う。



それ以上に「?」と思うのは、ふるさと納税の額の4割が、「モノ」になって消費されているということ。

その返礼品を受け取った当人は嬉しいかも知れないが、
その分、公共の用途で使われていたはずのお金が、消費されて消えているということ。

もうちょっと具体的に言うと、保育所や学校の運営に必要な費用や、地域の建物の維持費用などで使われていたはずのお金が、その分、消えてなくなっているということ。

それ…将来に繋がるお金なの?と思うのだが、どうだろうか?


地域に使うお金が「返礼品」に変わっていくのは、少なくともワタシは見ていて氣分がいいものではない。

じゃあ、お前も「返礼品」貰えばいいじゃないか、という話になるけれども、
だったらその分も地域の整備に使ってもらった方が、良いんじゃないの?とワタシは思うからだ。

思い入れのある街や被災地の応援をしたいから、ふるさと納税をしたいと思ってしている人たちもいるだろう。
そんな人たちからしたら、高額な謝礼が来たら、「は?」と思わないだろうか?
そんな金あるくらいなら、さっさと街の整備に使えよ、と。


ワタシも昔は税金は正直払いたくないと思っていたから、「損するのが嫌だ」という意識がどうしても働くのも分かる。
だから、返礼品のある「ふるさと納税」にしてしまおうと考える人たちが出てきたのも理解できる。

でも、結果が整備に行くはずのお金が減って、それが「住みにくい街」に繋がるのであれば、ちょっと待って欲しいと言いたくなる。
そして、「損する」って言うけれども、自分の社会のことじゃないの?と思う。
自分の社会が住みにくくなって、心地良いのかい?って。


どうせ同じ税金を払うのであれば、ワタシはこの街に住みたいのだから、払ってもいいと思っていた方が、心持ちがいいと思う。
そして、どうせなら好きだと思える街に住んでいた方がいいと思う。

そう考えたら、ふるさと納税を残すにしても、「返礼品」はなしにした方がいいように思う。
posted by KAZU at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | これからの社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする