2016年11月21日

「ワタシ」に還る 北海道の旅

もう2週間ほど前になるけれども、北海道に行っていた。

例年であれば、晩秋…のはずだったのだが、「雪」


PB073899.JPG

そんな中、6日間ほど北海道に行っていた。

それは、ちょっと前にも書いた通り。
http://kazu-wiz.seesaa.net/article/442432182.html?1479733528

北海道らしい観光地にも行っていたけれども…

PB073963.JPG
写真:小樽運河


でも、今回の旅行で何か思い出した気がする。

「列車でどこまで行けるか…」そんなことをワクワクして列車を眺めていた、「小さなワタシ」。


何があるか知らないけど、「終着駅」まで行きたい。
そんな気持ちが満たされていく。


PB043661.JPG
写真:留萌線・増毛(ましけ)駅
(2016年12月を以て、留萌⇔増毛間は廃線になる)

PB043647.JPG
写真:増毛から眺める日本海


どうしてもそんな風景が見たくて…
朝5時半に起きて、1日1本しかない終着駅まで行く列車に乗ったりもした。

PB053739.JPG
写真:札沼線・新十津川駅 
(2016年11月現在・新十津川駅には午前中に一往復しか列車が来ない)

普通の観光も楽しいけれども、ただ「そこに行くワクワク感」だけを求めていた。


札幌の街からちょっと外に行けば…

PB063843.JPG
写真:北海道神宮

こんな自然豊かで、心身ともに浄化されそうな場所がたくさんある。

雪が降って雰囲気が清められ、さらに人もまばら…そんな心地良さも、十二分に感じることできた。

それに…
小さい頃から、雨や雪の日に長靴を履いてお出かけするのが好きだったワタシ。
誰にも止められることもなく、雪の中を構わず歩いていた。



これだけワタシが好きなモノで満たされた旅行を、二週間たって振り返ってみて、改めて感じた。

心身ともにワタシに還る旅だった。
タグ:北海道
posted by KAZU at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月01日

私が旅をする意味

「旅」が好きだと、以前書きました。

導かれるまま高野山
http://kazu-wiz.seesaa.net/article/441353754.html


旅自体は楽しめればいいものなので、
「何のために行くのか?」だとかそんな面倒な話は普段は奥底にしまっています。

が、先日ふとした機会に、
私の旅行の目的について何となく気付いたことがあったので話をしてみたくなりました。


私の旅先って、結構マニアックな場所なんですね

例えば…ローマに行った時に、
コロッセオだとか、バチカンだとか、スペイン広場だとか、そういう王道も行くことは行くのです。

多くの人はこれで満足して、どこか別の街に行ったりする人が多いのですが…

私の場合、それに飽きたらず、カラカラ大浴場や、古代ローマの街道や地下墓地に行ったりとか…
そんなことを結構します。
しかも、街に着いてから、そんなんあったな…という直感に従って行くなんてこともザラです。

今年の年始も広島の宮島に行った時、
ほとんどの人がさっさと厳島神社に向かう中、城跡の看板を見た瞬間にテンションが変わり、
しばらくそこに突っ立っていた奴だったりします。


おそらく、他の人たちと何か違うものを「受信」しているのだとは思っていましたが…

どうやら、
人の「氣」や「記憶」というのを何となくでしたが、感じ取っていたようなんですね。

だから、史跡や寺社仏閣とは相性がいいですし、
何でもないように見える街並みなんかでも、
丁寧に作り込んだ感じのする街だと、氣分が盛り上がって喜んでいることが多いようです。

そういった「氣持ちの良い場所」を求めていたようです。

「氣持ちの良い場所」と言いましたが、
「静かに繋がっている感じ」だとか、「(メッセージが)降ってくる感じ」だとか、
そんな経験できる場所のことのようです。

あるいは、「静かに繋がっている感じ」だとか、「(メッセージが)降ってくる感じ」を体感した人たちの足跡を追ってみる旅だとか…そんなことをしていたように思います。

随分、他人事みたいな書き方をしていますが、
「何となく」なのですが、私が旅をしている意味が分かったような氣がするから、こんな書き方になっているのです。

この「降ってきた考え」というのを伝える意味があるんじゃないのか…と今まさに思っています。

それにそんなことを話をするのも面白そうですから。

マニアックな旅の話…またします。
posted by KAZU at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

導かれるまま高野山

P8203259.JPG
(写真:金剛峯寺 撮影:Kazu)

話を変えて、私の趣味の1つ…旅行の話を。
昔から旅に行くのは好きで、最近では列車で方々に出かけています。

ほんの先週の話。
何か思い立って「高野山」に行ってきました。

私の場合、もともと大学では「歴史」を研究していたので、城郭・寺社仏閣といった歴史的な建物は大好きです。
それに、魔術や精神世界の話を、ここ最近は本格的に扱うようになって、いわゆる「パワースポット」に行くなんてこともします。
となると、寺社仏閣に行く…というのは、自然な話。


ただ、「パワースポット」に行くとは言うけれども、それは何かお願いしに行く訳ではないのです。
その場の「エネルギー」に触れに行く…そんな感じなのです。


だから、「パワースポット」でどこか行くのを決めるのは、頭で検討してどこに行こうか選んでいる感じではなく、何となく直感でここに行くべし!といった感じで決まってしまう。


今回の高野山行きもそんな感じでした。

空海も何故この高野山に金剛峰寺を建て、仏教の「道場」にしようとしたのか…
その理由が、何となくだけれども分かった気がしました。


高野山には、「奥ノ院」と呼ばれている所があって、その一番の内奥には空海の霊廟だと言われている場所があります。

高野山の場自体が、下とは違う「エネルギー」を感じる場所でした。

そもそも、高野山が、大阪難波からでも南海電車などで2時間と、都会から大きく離れた場所で、喧騒からは離れた場所ではあるのは事実です。
(でないと内面を落ち着いてみる…なんてこともなかなかできないでしょう。)


その中でも「奥ノ院」は、圧倒的なエネルギーを感じるのです。

行ってから数日たつのですが、今でも若干そのエネルギーに「酔う」感じがします。

何というか、昔感じていた嫌な感情がどんどん浮かび上がってきているのです。

だからと言って、不快でたまらないわけではなく、中から浮かび上がって、それを感じては浄化されていく…
そんな感覚が、ここ数日続いている感じなのです。

何というか、リアルな夢見心地を体験している、そんな感じがします。


そんなものを「感じない」と思っている人もいるのでしょうが…

高野山から降りてきた帰りの南海電車の中は、ほとんどの人が眠たそうにしているのです。(爆)
それくらい「心地良い場」だったりするのです。


もちろん、こんな場所だけでなく、興味の赴くままに色々行っているので…これは気が向いたら話していこうかなと思っています。

鉄道旅行のネタは個人的に色々やっていますので、そんな話もしたいかな…と思っています。

それでは、また。
posted by KAZU at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする