2017年03月10日

ワタシの「原点」

京都・伏見より
江戸時代、この川を下ると、大阪を通じて、あの北海道の増毛まで航路が通じていたんだ。
#旅に出る日本史


最近になって、ワタシの原点を思い出してきた。

ワタシの実家は、新幹線の駅のそばだった。
滅多に乗るものではなかったので、子どもの頃はどこに繋がっているのか、
いまいちピンと来なかった。
新幹線に乗ったらどんな所に行くんだろう…なんて、思っていた。


休みの日の昼間…何をする訳でなく、自宅から空を眺めていたこともあった。
ワタシがどこから来たんだろう…そんなことを不思議に思い空想していた。

そんな時間がとても愛おしかった。


伏見の街から宇治川沿いに出て、撮ったのがこの写真。

秀吉・家康によって整備された、城下町+港町の伏見。

今となっては、行き交う船の姿はない。
その代わりに、自動車や列車が行き交う。

でも、この街から川を下れば大阪、
そこから更に日本海に廻る北前船の航路で、北海道・増毛まで通じていたんだと思うと、
新幹線を見て喜んでいた、昔のワタシに繋がる。

そして、この空も昔のワタシに繋がっている。

現実から逃げたくて旅行をしていた時期があった。
でも、ここの所は、旅をしながら何かワタシに繋がるものを感じて、
満ち足りるモノを覚えるようになってきた。

交通の要衝だった伏見…今でも色々な所に出やすく、
ここに住むようになって、非常に足取りも軽くなってきた。

「空間」や「人」に残った記憶を読み取るのが、好きなワタシ。
原点がだんだんとはっきりしてきた。
posted by KAZU at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

2017初旅 四国周遊 

この風景を見て、四国とお別れ


2017年初のブログ更新です。
あけましておめでとうございます。

さて、ワタシですが、この新年は初詣に行っておりません。
というよりも、今年は「初詣」に必要性を感じなかったからです。

その辺の事情は、次で語るとして…

何をしていたかと言うと、
四国に行って、夕日とお城を追っかけていました。


年末に高松に入り…

元日から

高松 ⇒ 松山 ⇒ 宇和島 ⇒ 宿毛 ⇒ 高知 ⇒ 丸亀

と、JR四国が出しているバースデー切符を使って、3日かけて周遊していました


3日間、四国のJR+土佐くろしお鉄道の列車が、グリーン車も含めて乗り放題なんです。

うーん、讃岐⇒伊予⇒土佐…と、何か経路がお遍路の逆打ちみたいですね。
お遍路となると、もっとハードですし、そもそもお寺に行っていないのですが…


DSC_1310.JPG

1/1 松山城

伊予灘の夕日
新年早々 心現れる。

1/1 伊予灘

DSC_1439.JPG

1/2 宇和島城

宿毛にて
だるま太陽の場所までは行けなかったものの、いい夕日。

1/2 宿毛

15873364_1199999723418420_3578417102754679209_n.jpg

1/3 高知城

15826159_1199999743418418_5775834674903795987_n.jpg

1/3 丸亀城


新年早々、関西への帰還も含めて、列車での移動距離1,000キロ超えました。(笑)

今回行こうと思った場所は、だいたいカバーできたので満足です。

しかし、四国2回目で思うのですが、四国という場自体が、やはり不思議な感じがします。
何か、想念が色々「浮き上がりやすい」感じがしますし…

「お遍路」が何故四国なのか…というのも何となく分かる氣がします。

それに、高知から丸亀に抜ける時…心地よい眠さが来ましたから。
そう、あの高野山で感じたあの感じです。

導かれるまま高野山
http://kazu-wiz.seesaa.net/article/441353754.html?1483536662


といった感じで、心も体も伸ばしてきました。


2017年もやりたい放題やろうと思っています。
よろしくお願いします。
posted by KAZU at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

籠神社の奥宮



天橋立のほど近くに、「籠神社(このじんじゃ)」という丹後の国の一宮がある。

友人に頼んで、そこまで連れて行ってもらう。

「元伊勢」と呼ばれるだけあって、今の伊勢神宮の内宮と外宮で祀られている、
「天照大神」「豊受大神」のゆかりの場所だとのこと。

表の「籠神社」の社殿も整っていて、雰囲気は良さそうなのだが…そこには目もくれず、
奥宮・「真名井神社」へと向かうことに。


社殿は改装中だが…雰囲気が明らかに違う。

神社の森に入った瞬間に、「ワタシが場に溶けていって一つになる感じ」がする。



それにこの場所、天橋立が見える場所なので、海が近いのだが、ちょっとした高台の上にある。

この真名井神社は、津波除けの伝承が、あるらしい。
どうやら、この真名井神社の辺りまでは、津波が来なかったようだ。

高台の上だから当然だと言ってしまえばそれまで。
しかし、何の理由もなく、高台に神社がある訳ではない。

受け継がれた「経験知」ゆえであろう。



お社から下りると…丹後の夕日が綺麗だった。

丹後の夕暮れ
posted by KAZU at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする