2017年05月04日

「出羽三山」で何を感じるのか? 勝手な事前の期待

山形の酒田に行った理由というのが、もう1つあって…

「出羽三山」に行くこと。

出羽三山
http://www.dewasanzan.jp/


#羽黒山 二千段以上の石段を登って参拝。

#出羽三山 #山形 #パワースポット #旅に出る日本史#湯殿山 は #雪 の世界
でも、生き返る場所なんです。

自分の目と身体で体験するのが、オススメです。

#出羽三山 #パワースポット巡り #旅に出る日本史










左:羽黒山 右:湯殿山
*月山は雪のため登れず

東北の修験道で有名な「聖域」。
拠点となるのは、最上川を挟んで向かいの鶴岡になるのですが…

興味を持っていた所、
友人のつてで、出羽三山を案内いただけることになりました。

本当にありがとうございます!

「聖域」に行くということなので、ワタシを整えに行くのは、もちろんなのですが。



「出羽三山」の由来が、氣になっているんです。
特に、開山したと言われている「蜂子皇子(はちこおうじ)」についての来歴が氣になるんです。

1400年ほど前、聖徳太子が生きていたと言われている頃の話なのですが…

「蜂子皇子」の父・崇峻天皇が、蘇我馬子によって、殺されます。

その戦乱の難を逃れるために、京都府の北部・丹後の「由良」(ゆら)から、
この鶴岡の「由良」(ゆら)まで航行してきたとのことです。

そして、開山と共に、出羽の土地に文物を伝えた…と言われているんですね。


日本海を経由して、古代に文物が広がっていったことを感じさせる由来のある神社は、
色々あるんです。

例えば、
・丹後(現京都府)・宮津の「籠神社」
・能登(現石川県)・羽咋の「氣多大社」
・越後(現新潟県)・弥彦の「彌彦神社」

…といった具合に。

その由来が本当かどうかは知りませんが、由緒書を見る限りでは、
日本海のつながりを感じるのです。


しかも、仏教が完全に広がってしまう前に、渡ってきたという話だとすれば、
日本古来の「何か」が、そこにあるのかも知れないなぁ…というのが、事前の期待だったりします。


未来投稿記事なので、どんな所で、今の時点で何が起こるのかは分かりません。
何か面白いことになるでしょう。

写真は、インスタグラム、フェイスブックにUPする予定です。

詳細は、伏見に戻ってから、シェアできればと思っています。
posted by KAZU at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

北前船の寄港地だった、山形の酒田に行きます

#北前船 でかつて賑わった、#酒田 市内を散策。
かつての街区の大きさも、邸宅の大きさも、他の寄港地と桁違いで驚く❗

#山居倉庫 #本間家旧本邸 #旧鐙屋 #旅に出る日本史


この記事がアップされる頃には、まだ山形県の「酒田」に向かう道中かと。
(写真:山居倉庫 後で追加したもの)

夜行バスで新潟に向かい、
新潟から列車2時間余り日本海側を北上した所にある。

ワタシの直接の知り合いは、
東北にあまりなじみのない方が多いので、ちょっと説明をしておくと…

この街は、北前船の寄港地だった所。

江戸〜明治にかけて、日本海側の物流を支えていた街。
かつて航路を通して、ワタシの今住んでいる、京都の伏見まで繋がっていた。


年明けぐらいから、北前船の寄港地を中心に回ってきたので、
感慨深いものがある。

写真は、インスタを通して、FBにアップしていきます。
お楽しみに。
posted by KAZU at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

100km以上でも「途中下車」できない…そんな時の対処法

大都市近郊区間 東京.jpg
(東京大都市近郊区間の図)

JRの場合、
・100km以上の旅程で、
・交わらないように一筆書きするように、
旅程を伸ばしていけば、「途中下車」して構わないと話をしました。

http://kazu-wiz.seesaa.net/article/449175271.html


しかし、「同じ大都市近郊区間」の中で発着する場合は、途中下車ができない…と話をしました。

大都市近郊区間(JR東日本の案内)
https://www.jreast.co.jp/kippu/1103.html

↑こちらを見ながら読んでもらうと分かり易いかと思います。

じゃあ、100km以上あるのに…

例えば、
・「東京⇒熱海」の区間を、横浜駅で降りて友達とランチしてから温泉へ
・「松本⇒東京」の区間を、下諏訪駅の諏訪大社に寄ってから帰る

こんな場合は、どうしたらいいの?という話をします。


対策の仕方は2通りあって、
1:区間外の隣の駅まで乗車券を買う
2:対象外となる「新幹線」の区間を買って在来線に乗る


どういうことなのか、お話をします。


1:区間外の隣の駅まで乗車券を買う

大都市近郊区間の端の方まで行くようなケースの場合は、コチラが有効です。

例えば、今回の旅程のように、
東京であれば、「熱海」や「松本」に行く場合。

関西方面であれば、「姫路」や「和歌山」なんかがいい例です。

100kmを越えていて、かつ区間外の隣の駅まで乗車券を買えば、途中下車が可能です。

ということは、
「熱海」「松本」が「大都市近郊区間」の境目なので、
その外側になる、
熱海の外側:「函南」
松本の外側:「北松本」
から買ってしまえば、100km以上の距離さえあれば、途中下車可能となります。

関西の例だと、
「姫路」だと「播磨高岡」だとか、「和歌山」だと「紀和」まで買ってしまうというのがいい例です。

もちろん、乗車券については、逆戻りしない限りは、全区間乗らないといけないと言うモノでもないので、
一部区間を乗らないで捨てることはできます。

だから、
「紀和⇒京都」の乗車券を買っておいて、「和歌山」から乗って京都方面に向かった後に、
まだ乗っていない、「紀和⇒和歌山」だけ乗るというのは、アウトです。


2:対象外となる「新幹線」の区間を買って在来線に乗る

これは、どういうことかと言うと…

大都市近郊区間(JR東日本の案内)
https://www.jreast.co.jp/kippu/1103.html


この説明の中で、路線図と一緒に、

新幹線で「○○〜○○間」をご利用になる場合は含まれません

と書いています。

例えば、「東京〜熱海」も対象になります。

だから、横浜駅で降りようとすると、ちょっとややこしいですが、
・「東京〜熱海」の区間を東海道新幹線
に乗るということにしてしまうのです。

ただ、この注意書きのある区間というのは、
並行している「新幹線」と「在来線」のどちらに乗っても構わないことになっています。
料金についても、(福岡を除いて)変わらないということになっています。

だから、「東京〜熱海」が新幹線に乗る乗車券だったとしても、普通に東海道本線で行ってしまって構わないのです。

関西の場合で、仮に「京都⇒姫路」の間でも、こちらも新幹線に乗ることにしてしまえば、
大阪駅や三ノ宮駅で途中下車してしまっても構わないのです。


さて、この方法のメリットのもう1つが、
「有効日数が伸びる」点にあります。

「大都市近郊区間」の場合、途中下車不可で、1日のみ有効のチケットとなってしまいます。

が、この手を使えば、
100km超えてかつ、「大都市近郊区間」ではなくなる訳ですから、
200kmまででしたら、片道の有効期限が通常通りの2日となります。


往復ならば、その倍となりますので、「4日」となりますので、ちょっとした用事で向かう時には、
ありがたいことだと思います。

参考になれば。
posted by KAZU at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする