2016年11月18日

服を買いに行って、男性に元気がない理由の1つに気付いた

数日前に、服を買いに行ったときに、何気なしに「男性モノ」のコーナーに行ったのですが…
「男性モノ」のコーナーの目の前に言った瞬間、雰囲気が重かったんですね。

何がかというと、服の色が「ダークカラー」ばかり!
特に、秋冬物はそう。

思わず、探す前に「いりません…」と言って帰りそうになるくらい。
雰囲気が重い!!

「女性モノ」のコーナーが色鮮やかで、心躍るのとは、対照的。


これ…ひょっとして、男性が「無難」を求めていった結果なのかな…と思ってしまったんですね。
その反映が、この男性モノの売り場なのかなって、思ったんです。

だって、多くの男性って、
ほぼ1日「制服」や「スーツ」で過ごす生活を何十年しているのだろうか…
と考えてみたら、
人生の大半をダークカラーの服を着て過ごすこと
に気付いたんですね。

その上、休みに着る服までこれでは…そりゃ、男連中、元気にならんよ。
むしろ、何かの陰謀なんじゃないのか、と思うくらいです。

普段、何着て行ったらわからん…なんて、男も出てきますわ。


そういったこともあって、心躍る色合いの服がある、女性に憧れていた部分もあります。

また、2・3年前までは、私も「ダークカラー」で統一されていましたから、
世の多くの男性の氣持ちは分かるんですね。
人と違う格好をするのって、勇氣がいりますから。


でも、探せば、男性モノでも鮮やかな色合いのモノはあります。

それすら抵抗があるのであれば、帽子・マフラーといった、
自分が普段使わないと思っている小物で鮮やかな色のモノを取り入れるだけでも氣分が違ってきます。

ちょっと冒険しようと思えば、
例えば、セーターやシャツの中には、女性モノでも男性が着て違和感のないモノが結構あります。


「女性モノ」については、最初は私も驚きましたが、
オシャレと言われる複数の友人・知人に聞いたら、口を揃えて同じことを言います。

私も今であれば、とてもよく理解できますし、私自身もやっています。


でも、自分が「冒険」だと思ってやったことを、案外人は見ていません。
かと思えば、氣付く人はちゃんと見てくれているんですね。

そして、オシャレだな…なんて言ってくれたりするんですね。



それに、一回「冒険」してしまうと、
自分の好きなモノって何なんだろうって、自分が着て楽しくなりそうなモノを求めていくんですね。
そしたら、より楽しくなるって思うんです。



最近になって、オシャレだと言われることが多くなって、自信がついてきたのもありますが…

着た瞬間に、ワタシが変わることができるのだから、
小物1つからでも試してみたら面白いんじゃないの?って思って、服装を楽しんでいます。



勘違いしないで欲しいのは、「ダークカラー」がダメだということではありません。
色の組み合わせ方次第では、落ち着きがありつつ、鮮やかな雰囲気を創り出すこともできますから。

あくまで、「選択肢」を増やして楽しさを増やす…と考えてみたらいいんじゃないのかな、って思います。
posted by KAZU at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月08日

意図的に幼児退行中

今まで抑え込んでいた感情が、ここ数年浮かび上がってきやすくなってきている…
という話を最近よく聞きます。

私も2〜3年前くらいから、胸の辺りが重い感じがしていました。

色々なブログを読んでいても、浮き上がってくる感情を処理しなさい…とは言うのですが、
そのやり方について、ちゃんと語ってくれる人っていないんですね。

そこが大切なのに…と思ったりしてしまうのです。


私の場合ですが、浮き上がってくる感情が結構強いときには、その感情をノートに書いている次第です。

とは言っても書き留めるなんて上品なモノではなく、
どちらかと言うと、感情が乗って書き殴っている時が結構あります

そのため、ノートにびっしりと理路整然といった感じではなく、
感情が流れるままに、結構大きい字で罫線は一切無視。私も解読しないと読めない状態です。(笑)


時には日に何度も、時には1週間くらい何も書かずに放っている時もあります。

しかし、9月になってからは明らかに、その頻度が高くなってきていて、
毎日なにがしかを書いている感じです。

今日は、気が付いたら4ページくらい感じたことを、そのまま書きだしていました。


そして、その押し込めていた感情が、結構しんどいものだった場合、
その時の記憶が蘇り、思わず泣いたりしたくなるときもあります。

そして、その抱えていた感情の記憶を出し切ると、ビックリするくらいスッキリします。

それで今日なんかは、小学生時代からのいじめの記憶を掘り返してしまいましたから、
自宅で「子ども返り」して、「ヤダヤダ」なんてやっていました。

こうして、ブログで書くのは、ちょっと恥ずかしいですけどね。(爆)

そもそも、ブログで晒す必要なんて1つもありません。
自宅で自分の部屋にこもって、ひっそりとノートに書いていればいいんです。
そして、キッチリ鍵をかける事を忘れなければ。(笑)


「感情を出す」ということが、ともすると「感情を爆発的させる」ことを意味してしまいがちなのですが、
そんなことは必ずしも必要ないのです。

むしろ、(ある程度)穏やかに「感情を表現する」ことは、十分できるのです。

こういった「表現する」ことで、
自分の中に押し込めていたものを、ゆっくりと感じ切ることがしやすくなるので、オススメだったりします。

これを文章で読んだからといって、決して浄化されるものではないので…
肩肘張らずに、気楽に出してみる…
そんなことをするようなセッションをやってみたいな…と思っています。
posted by KAZU at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

朔日(ついたち)なので

今晩は、新月です。しかも、一日の。

「ついたち」と行った時に、一般的には「一日」と書いていますが、
「朔日」とも書くのです。

「朔」というのは、新月のこと。

そう…文字通り「朔の日」なんですね。
太陽暦と太陰暦の「1日」が一致する日です。

かつ、日本では見られませんが、地域によっては今日は日蝕も見られる日だったようです。

「新月」の日には願い事が叶うなんて、スピリチュアルをやっている人たちの多くは言いますが、今晩はそれも結構特別な日なようです。

だから、私も感じていることを書きとめているノートに「願い事」を書きました。
「願い事」と言っても、心から心地良くなるようなことを。


例えば、「お金が欲しい」と言ったところで、例えば、ゲスな笑顔を浮かべそうになったり、悲壮感が漂う気持からではなく、

その「お金」で心地良くなるようなことを思いっきり思い描いてください…
それでココロから豊かな気持ちになるようなこと、そんなことを描いてみて下さい。


そしたら、いいことがありそうです。

私も実は新月や満月の時には、こんな豊かな気持ちを感じて、願い事をしています。

皆さんにこの気持ちが届きますよう。
posted by KAZU at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする