2017年04月26日

「若返り」している、その理由

雨の中、見かけた、#藤棚 。
#藤の花 も咲き始めたところ。


心身の強制終了から3か月たち、ちょこちょこと新しいことを始めた。

ちなみに、強制終了から1か月後にこんなこと書いていた…
http://kazu-wiz.seesaa.net/article/447535423.html


写真をインスタグラムで上げているのもそうだし、
心から出てくる言葉をそのままブログに書き始めたのもそう。

はっきり言って、やりたいから、やっているだけ。
ただ、それだけ。


今までやりたくないことに我慢しまくっていた、反動なのかもしれないけど、
贅沢な時間の使い方をしていると思う。

そのおかげなのか、学生にも見られるくらいに「若返り」をしているらしい。


めちゃくちゃ刺激的な生活をしている訳ではない。
でも、静かながらも、驚きのある生活をしている。

それこそ、こんな花咲いている…とか、
この街の雰囲氣がいいとか…、そんな小さな驚きに氣付く日々。


好きなことをしているのもそうだし、
この「静かな驚き」というのが、ミソなんだろう、と思っている。


子どもって、日々驚きに満ちていると思う。
そして、その驚きを誰かに伝えたくて、色々話している…そんな感じじゃないだろうか?


リアルで驚き、ネットで喋っている。

ああ、そりゃ、若返るよね、と文章を書きながら氣付く、ワタシ。


1日に10分でもいいから、静かな「驚き」のある時間があった方がいいと思う。
それだけでも、だいぶ違うと思う。

その「驚き」がないから、世の大人って「死んだ顔」していたんだ…と氣付き、
幼心から感じていた「不思議」が、解消していく感じがしていた。


見た目は大人、頭脳は子ども、名探偵コ○ンの逆の状態。
どういう訳か、長年迷宮入りしていた「謎」を解いてしまった。
posted by KAZU at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

「写真」にのめり込んでいった理由

#京都鴨川 の #納涼床 が準備中。

床で飲食できるのは、5月〜9月の間。

#京都 #鴨川


「写真」を撮っていると、時間を忘れることができる。

列車の中でも、街中でも、ふとした一瞬を切り取ってみたくなる。

「イマ、ココ」がきっちりと合った瞬間に撮れる、その「一瞬」が愛おしくて仕方がないのだ。
そして、その「一瞬」が撮れた時の感覚がたまらない。


表現すること自体は、好きだ。

例えば、モノを書くこと自体は、随分長いことやってきたから、慣れた方法ではある。
変幻自在に言葉を操ることもできるけれども、何かまどろっこしい感じがすることが結構ある。

降りてきた感じを、どう表わしたらいいのか…
そんなことを思っているうちに、消えて行ってしまうことがままある。

どうしても、「イマ、ココ」を解釈して表現する分、タイムラグが発生してしまうのだ。


写真だと、「イマ、ココ」との感覚が近い。
だから、「一瞬」のために神経が研ぎ澄まされていく感じがする。

その感じも好きなのかな…と。
posted by KAZU at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

「好きなことを仕事にして生きる人たち」は、どんな人たちなの? @東京

先週の土曜日に京都を出て、今日戻ってきました。

というのも、16日に東京の浅草橋であった、「かさこ塾フェスタ」に行ってくるのが大きな目的でした。

「『かさこ塾フェスタ』って、何ぞ?」という人のために。

「好きを仕事にしている人たち」が100人近く集まって、普段していらっしゃることを披露する、
「見本市」だと思ってもらったらイメージしやすい
と思います。

参加している人たちに個性的な方々が揃っているなぁ…というのは、
Webを通して知ってはいましたが、どんな人たちなのだろうかと思い、直に様子を見に行ってきました。

どんなことをしている人たちなのか、一言では説明しきれないので…
「活動冊子」の表紙の一部を映した写真がコチラ。

かさこフェスタセルフマガジン.jpg



印象に残った方たちを何人か挙げていくと…

・世界一周母子旅トラベラー 「みかりん」さん
http://arancia.hatenablog.com/

・オモシロ消防訓練屋 吉岡さん(ヨッシー)
http://mazu-jibu.com/

・「広告×漫画」 広告漫画家 百万さん
http://hyakumanga.com/

・異界龍画師 緋呂さん
http://art-hiro-b.hatenablog.jp/

*紹介できなかった方、スミマセン。

見ての通り、肩書きも含めて、「ん?!」と目を引く。

その時点で、興味を持ってもらえるから、既に勝負あり。
それだけで「会ってみたい」と思わせる効果がある。

そんな人たちが、Webでこまめに情報発信している訳だから、
何をしているのかイメージをつかみやすくなる。
だから、肩書きの印象も含めて、より「会う」という行動につながりやすい。

そして、初対面であったとしても、「何となくこんな人、だったよなぁ…。」となる。
だから、話が進むのが早くなるし、親近感も湧きやすい。


そして…好きなことに、思いきりのめり込んでいるからこそ、やっぱりエネルギーが違うんです。

その雰囲氣の楽しさから、会場を出たり入ったりしながらも、ほぼ1日いました。
そして、帰ってからも、心地よく酔ったような興奮がなかなか冷めないでいました。


氣付き…というよりも、
今後具体的にどうしたらいいのか、その指針がはっきりした感じがしています。

手元に色々持っているのに、「好きなモノを語らない」なんて勿体ない。

自分の持っているモノを押していったらいい。

その押した結果、逃げていく人もいるかも知れない。
でも、同時に見た人、聞いた人の、心に深く刻むことができるかも知れない。

だったら、やった方が楽しいに決まっているじゃない。


思い切って、東京まで行った甲斐がありました。
かさこ塾の塾生の皆さま、改めて感謝いたします。
posted by KAZU at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする