2017年04月30日

自分と向き合わなくてもいい

ここ2日くらい、心身とも不調だった。
不思議なことに、のんびりしているのに、「疲れた」感じがずっとあった。


ちょっと前までだったら、
心の中の掘り下げをすぐにするところだったのだが、一切、そんなの手放してみた。


最近だと、好きなことをやっていたら、「重い感情」というのが勝手に浮き上がってきて、
氣がついたら消えていることが、よくあるからだ。

もし、その感情が消えずとも、ちゃんと楽しんだことを感じて、心が満たされていけば、
心はそこそこ軽くなっていることを実感するようになったからだ。


実際、ここ3日間、ただ直感の声に従って、
近所を散歩したり、外で食事したり、ボードゲームしたり、眠たくなったら眠っていただけという。

その間、一切「見るべき」という声を無視した。


必要だと思ったら、心の中を感じて観察してみるのも良いとは思う。
ワタシも、やりたいと思って、かつ必要だと思ったらやるだろう。

けれども、「やらなきゃいけない」となっちゃうと、
どんなことであったとしても、ストレスになってしまう。

ワタシもそうだったのだけど、「完璧主義」のきらいのある人にとっては、
そこで無理してやってしまいがち。

…となると、余計にドツボにはまっていた、ワタシの過去。(苦笑)

ひょっとしたら、「べき」にはまりかけていたサインだったのでは、と感じた、今日の午後だった。
posted by KAZU at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

「好きな場所」で過ごせることで手に入れた「安心感」

ウユニの水鏡の話が何日か前に出ていたので、 「 #フシミの水鏡 」を撮ってみた昨日。
ただし、水鏡に自分は映らない。

#京都伏見



京都ではなく、伏見の街が好きなんだな…と実感した。

今の行政区の割り方だと、「京都市内」となるけれども、
「伏見」という別の街だとワタシは、思っている。

そもそもが、京都−奈良の南北の街道と、大阪へ抜けていく淀川の交点にある、
京都の「港町」として発展した街。

だから、別の街であるのは、その通りだったりする。


伏見からだと、大阪でも京都でも、色々な場所に出やすいことは大きい。

今まで京都市内に住んでいて、一番困ったのが交通関係。
目的地に行くまでに人混みや渋滞を通らないといけなかったため、
往復だけで疲れてしまって、氣分転換が全然できなかった。それが、一番の悩みだった。

それも伏見に住むようになって、見事に解消した。


そして、歴史も京都のそれにはかなわないが、400年くらいはある。
雰囲氣のある建物が残っていて、京都の中心部と比べたら、かなり静かな所。

いくつも酒蔵があるので、氣が向いた時にお酒を楽しめるのも、かなりいい。

歴史好きなワタシが、ちょっと街歩きするには、最高の場所である。



子ども時代から、「居場所」がない感じがあった。
だから、「安住の地」を求めている感じが、人生を通してずっとあった。

大学時代から、何度か引越しているものの、
今回は、予算から、場所から、全てを自分で決められた。

その結果が、最高の場所だった。
これは、飛び上がるような感じではなく、静かな喜び。


そのおかげで、身辺で何があったとしても、安心感がある。
この間、身辺で色々あったけれども、何とかなっている感じがする。

これは本当にありがたいこと。


今後、ワタシがどんな感じになっていくのかは分からない。
でも、しばらくは、この街にいることになると思う。
posted by KAZU at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

「若返り」している、その理由

雨の中、見かけた、#藤棚 。
#藤の花 も咲き始めたところ。


心身の強制終了から3か月たち、ちょこちょこと新しいことを始めた。

ちなみに、強制終了から1か月後にこんなこと書いていた…
http://kazu-wiz.seesaa.net/article/447535423.html


写真をインスタグラムで上げているのもそうだし、
心から出てくる言葉をそのままブログに書き始めたのもそう。

はっきり言って、やりたいから、やっているだけ。
ただ、それだけ。


今までやりたくないことに我慢しまくっていた、反動なのかもしれないけど、
贅沢な時間の使い方をしていると思う。

そのおかげなのか、学生にも見られるくらいに「若返り」をしているらしい。


めちゃくちゃ刺激的な生活をしている訳ではない。
でも、静かながらも、驚きのある生活をしている。

それこそ、こんな花咲いている…とか、
この街の雰囲氣がいいとか…、そんな小さな驚きに氣付く日々。


好きなことをしているのもそうだし、
この「静かな驚き」というのが、ミソなんだろう、と思っている。


子どもって、日々驚きに満ちていると思う。
そして、その驚きを誰かに伝えたくて、色々話している…そんな感じじゃないだろうか?


リアルで驚き、ネットで喋っている。

ああ、そりゃ、若返るよね、と文章を書きながら氣付く、ワタシ。


1日に10分でもいいから、静かな「驚き」のある時間があった方がいいと思う。
それだけでも、だいぶ違うと思う。

その「驚き」がないから、世の大人って「死んだ顔」していたんだ…と氣付き、
幼心から感じていた「不思議」が、解消していく感じがしていた。


見た目は大人、頭脳は子ども、名探偵コ○ンの逆の状態。
どういう訳か、長年迷宮入りしていた「謎」を解いてしまった。
posted by KAZU at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする