2018年02月27日

【金沢~富山】北陸方面の18きっぷで抜けられる区間・抜けられない区間のまとめ

P3211099.JPG

(富山県・雨晴海岸・あまはらしかいがん)


2016年の春に18きっぷで北陸方面に行った時の話。

その時が…
1日目に、京都⇒岐阜⇒高山⇒富山とJRで抜けて、富山で連泊した後の帰りの話です。

18きっぷを使いつつ、以下のルートで京都へ帰ろうとしました。

北陸簡略図.png


1:富山駅⇒高岡駅⇒(雨晴海岸)⇒氷見(ひみ)駅
2:氷見駅⇒高岡駅
3:高岡駅⇒金沢駅
4:金沢駅⇒京都駅


18きっぷの使用に関しては、北陸方面は結構神経を尖らせています。
検札の際に、どこから来たのかしつこくきかれました。

何故かと言うと、金沢~富山~直江津(新潟)までは、
もうJRではないので、原則18きっぷでは乗車できなくなっているからです。


つまり、18きっぷでは、富山から金沢へは抜けられないのです。

18きっぷの超基本ルール
http://kazu-wiz.seesaa.net/article/456888193.html




ただ、「例外」があって、
「3:高岡駅⇒金沢駅」の区間だけ別途支払いをして、京都まで戻ってきました。


18きっぷの例外を読んでいくと、
指定された部分については、通過することは問題ないのです。
具体的には、下の赤い部分は通過しても構わないのです。

北陸簡略図.png



具体的なルートで言うと…

〇 富山から高岡を抜けて、氷見や城端へ行く
〇 高岡から富山を抜けて、高山へ行く
〇 金沢から津幡を抜けて、和倉温泉へ行く


こういうルートは、18きっぷで抜けることができます。
境目になる「金沢」「津幡」「高岡」「富山」では下車もできます。


ただ、以下のようなルートになると、その区間全体の運賃を払わないといけなくなります。

* 高岡~金沢へ抜ける (820円)
* 津幡~高岡へ抜ける (600円)
* 金沢~富山へ抜ける (1,220円)

2018年2月末現在の運賃

今までに高岡~金沢の区間で2回運賃を払っています。はい。

18きっぷで富山~金沢を行くときに、
理屈上、高岡と津幡で途中下車すれば、600円で通過ができますが、時間はかかるのでおすすめはしません。


これは、孤立したJR線へのアクセスのために、例外が存在しているのです。

ここでは詳しくは書きませんが、青森でも孤立したJR線があるので、例外規定が存在します。
(青森~野辺地~八戸)
http://kazu-wiz.seesaa.net/article/457211815.html



もっとも、金沢~富山だけを列車で周遊しようと思ったら…

IRいしかわ鉄道・あいの風とやま鉄道が乗り放題になる…
*IR・あいの風1日フリーきっぷ

金沢~七尾・和倉温泉~高岡周辺が2日間乗り放題になる…
*北陸トライアングルルートきっぷ

…などの方が圧倒的に楽だとは思いますが。

P3211122.JPG

(金沢駅)


posted by KAZU at 22:51| Comment(0) | 鉄道 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。