2017年05月04日

「出羽三山」で何を感じるのか? 勝手な事前の期待

山形の酒田に行った理由というのが、もう1つあって…

「出羽三山」に行くこと。

出羽三山
http://www.dewasanzan.jp/


#羽黒山 二千段以上の石段を登って参拝。

#出羽三山 #山形 #パワースポット #旅に出る日本史#湯殿山 は #雪 の世界
でも、生き返る場所なんです。

自分の目と身体で体験するのが、オススメです。

#出羽三山 #パワースポット巡り #旅に出る日本史










左:羽黒山 右:湯殿山
*月山は雪のため登れず

東北の修験道で有名な「聖域」。
拠点となるのは、最上川を挟んで向かいの鶴岡になるのですが…

興味を持っていた所、
友人のつてで、出羽三山を案内いただけることになりました。

本当にありがとうございます!

「聖域」に行くということなので、ワタシを整えに行くのは、もちろんなのですが。



「出羽三山」の由来が、氣になっているんです。
特に、開山したと言われている「蜂子皇子(はちこおうじ)」についての来歴が氣になるんです。

1400年ほど前、聖徳太子が生きていたと言われている頃の話なのですが…

「蜂子皇子」の父・崇峻天皇が、蘇我馬子によって、殺されます。

その戦乱の難を逃れるために、京都府の北部・丹後の「由良」(ゆら)から、
この鶴岡の「由良」(ゆら)まで航行してきたとのことです。

そして、開山と共に、出羽の土地に文物を伝えた…と言われているんですね。


日本海を経由して、古代に文物が広がっていったことを感じさせる由来のある神社は、
色々あるんです。

例えば、
・丹後(現京都府)・宮津の「籠神社」
・能登(現石川県)・羽咋の「氣多大社」
・越後(現新潟県)・弥彦の「彌彦神社」

…といった具合に。

その由来が本当かどうかは知りませんが、由緒書を見る限りでは、
日本海のつながりを感じるのです。


しかも、仏教が完全に広がってしまう前に、渡ってきたという話だとすれば、
日本古来の「何か」が、そこにあるのかも知れないなぁ…というのが、事前の期待だったりします。


未来投稿記事なので、どんな所で、今の時点で何が起こるのかは分かりません。
何か面白いことになるでしょう。

写真は、インスタグラム、フェイスブックにUPする予定です。

詳細は、伏見に戻ってから、シェアできればと思っています。
posted by KAZU at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック