2017年04月25日

好きに表現していいんだよ

文章を色々書いていますが、
ワタシが、実は作文が大嫌いだった、と言ったら、多くの人は驚くかもしれない。

その理由は…

・「書けない」という状態に対して、フォローができない。
・そもそも書き方を教えられる教師が、ほとんどいない。

のに、書けないでいると、怒ってくるし、一方的にできる、できないと裁いてくる。

その上…
・「こう書くべき」というのから逸脱したら、一方的に先生が怒る。

上手くなる方法すら、教師が教えられない癖に、
何で一方的に評価をつけられるのか、それが理解できない。


言い返せる子であれば、まだいいのかも知れないが、そうでないと、理不尽で嫌な記憶しか残らない。

「あ、ワタシ、モノを言っちゃいけないんだ…」って。

同じような感じで、図工で理不尽な目に遭えば、
「あ、ワタシ、絵を描いちゃいけないんだ…」となってしまうし、

体育で理不尽な目に遭えば、
「あ、ワタシ、スポーツしちゃダメなんだ…」となってしまう子が、でてきてしまう。


そんな理不尽な感じが、ワタシ大嫌いなんだよね。
そして、心の中に重いものを抱えてしまい、みるみる輝きを失ってしまうんだよね。



ワタシの場合、海外に行くことができて、
「洗脳」から解けるきっかけがあったことは、本当に運が良かったと思っている。

というのは、「表現する」ことが良しとされるから、
少なくとも「書く」自分というのを肯定することができた。


日本ではびこっているこの感じが、「おかしい」と氣づくことができたから。

ドイツから戻ってきたとき、本当に驚いたモノ。日本に戻った瞬間に、一様に顔色が悪いのだから。



自分の感じていることを表に出していっていいんだよ。

別に誰かに見せなくてもいいから、自分の内にあるモノをさらけ出したら、本当に楽になっていく。
それだけなんだよね。

上手い、下手は関係ないし、自分の氣持ちが晴れていく…それだけでいい。


そう思って、文章を書いてきたし…
氣が付いたら、絵は描けないのに、冊子のレイアウトなんかも、仕事でやっていたし…
最近だと、写真まで撮るようになった。

この「解放感」というのを、もっと伝えていきたい…なんて思っていたりする。
posted by KAZU at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | これからの社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449339512
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック