2017年04月21日

「反応」が相手の言葉を引き出す

最近、セミナーでお話を聞く機会が続いたのですが、
その際に、色々な方から、感謝されたことがありました。

それは…
「うなずいたりなど、反応していたこと」

実際に、ワタシもこのことを伝えていただいて、非常に嬉しいことだったんです。


ワタシも集団の前で話す機会が、結構あったのですが、
その際につらいのが、「何の反応もないこと」。

想像以上につらいですよ。
話そうとしても、だんだん話しにくくなりますからね。


嘘だと思うのであれば、一回実験してみて下さい。

友人を誰か1人捕まえて、1分くらい自己紹介をさせてみて下さい。

その時に、
1回目:何があっても反応しない
2回目:いつもの倍くらい、うなずくなどリアクションする。

そして、反応を見ていてください。一通りやったら感想を聞いてみて下さい。

2回目の話のしやすさ、格段に違いますよ。

プロのインタビュアーみたいな言葉回しはできなくても、
うなずくのだったら、すぐにでもできます。


そんなの恥ずかしいと思うかも知れませんが、案外周りの人は見ていません。
話し手は、助かると思って、喜んでくれますよ。

話が納得いくようだったら、うなずくなりなんなり、してあげた方がいいです。
そうすることで、話し手の言葉をどんどん引き出す事ができますから。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック