2017年03月10日

ワタシの「原点」

京都・伏見より
江戸時代、この川を下ると、大阪を通じて、あの北海道の増毛まで航路が通じていたんだ。
#旅に出る日本史


最近になって、ワタシの原点を思い出してきた。

ワタシの実家は、新幹線の駅のそばだった。
滅多に乗るものではなかったので、子どもの頃はどこに繋がっているのか、
いまいちピンと来なかった。
新幹線に乗ったらどんな所に行くんだろう…なんて、思っていた。


休みの日の昼間…何をする訳でなく、自宅から空を眺めていたこともあった。
ワタシがどこから来たんだろう…そんなことを不思議に思い空想していた。

そんな時間がとても愛おしかった。


伏見の街から宇治川沿いに出て、撮ったのがこの写真。

秀吉・家康によって整備された、城下町+港町の伏見。

今となっては、行き交う船の姿はない。
その代わりに、自動車や列車が行き交う。

でも、この街から川を下れば大阪、
そこから更に日本海に廻る北前船の航路で、北海道・増毛まで通じていたんだと思うと、
新幹線を見て喜んでいた、昔のワタシに繋がる。

そして、この空も昔のワタシに繋がっている。

現実から逃げたくて旅行をしていた時期があった。
でも、ここの所は、旅をしながら何かワタシに繋がるものを感じて、
満ち足りるモノを覚えるようになってきた。

交通の要衝だった伏見…今でも色々な所に出やすく、
ここに住むようになって、非常に足取りも軽くなってきた。

「空間」や「人」に残った記憶を読み取るのが、好きなワタシ。
原点がだんだんとはっきりしてきた。
posted by KAZU at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック