2017年01月22日

「先読み」と「委ねる」 この大きな違い

「先読み」できると、ワタシは思い込んでいた。
それでそれなりに、世の中を渡ってくることができていた(つもりだった)。

でも、世の中のルールが変わったんだよね。

「理性」で何とかしてきた時代は終わって、色々、思ったことを「アラワス」時代になったんだよね。
それは、他でもないワタシが言ったこと。

それは受け取る段階でもそうだと思う。
「アラワス」ためには、「感じ取る」ことも大切。
そして、ワタシはある程度、感じ取ることができていると思い込んでいた。



しかし…昨日、中山さんの施術を受けている時に…
http://ameblo.jp/seedhouse/

やさしい言葉で、「思考に頼っている」と指摘を受ける。

その瞬間、脳天から全身に電流が流れる感じがした。

薄々、氣づいてはいた。
「考えること」に下手に自信があるものだから、「理性」に頼っていた。
あの手、この手を考えているワタシに、ひょっとしたら酔っていたのかも知れない時があった。

すると、やっぱり堂々巡りで考えてしまうことが少なくない。

その時に動いているのは頭だけ。
身体が高性能なセンサーだと考えたら、勿体ないことをしている。


怖かったんだよね、間違うことや、「一位じゃなくて価値がない」と思われることが。


「思考」を手放すようにしたら、楽になる…そんなことを昨日感じた。

ありがとうございます。
タグ:委ねる
posted by KAZU at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446182132
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック