2017年01月06日

松山で出会った琴線に触れる言葉

松山で。


元日に訪れた松山

品が良くて、ワタシ好みの街。

夏目漱石、正岡子規、高浜虚子…といった文人たちと縁の深い街だということもあって、
「言葉」を大切にする雰囲氣が街から漂っている。

思わず撮った この写真

言葉を発すれば 彩りを与えることができる
そんなことは ずっと思っていた。

「文章」でアラワしても 声にアラワしても 

別に堅苦しく作法を氣にする必要なんてない。

心に浮かんでは消えていく様をアラワすのもいい…
目の前に映るモノをアラワすのもいい
やりたいことを伝えるのもいい…

小さい子が夢中になって、色鉛筆を握りしめて絵を描いていたように、
好きに言の葉をつづればいい。

「言葉をデザインする」
ワタシがこれからもしたいことだし、伝えていきたいことの1つ。

年初めに松山に来て良かった。
この垂れ幕を見て 言葉の原点に再び出会えたから。


今年の初旅の大まかな話は…
http://kazu-wiz.seesaa.net/article/445550531.html
【関連する記事】
posted by KAZU at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445641446
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック