2016年12月15日

感じたことを溜めこむと 心身ともに病んでしまう

先日の記事で、感情がどうしても抑え切れずに、ブログでそのまま書いてしまった。
不愉快に思った人もいたかもしれないが、それは仕方がないと思っている。

と言うよりも、
世の中全体が今まで「理性的」であろうとし過ぎていた。

「感情的になるな」
「(怒りや悲しみを感じても)我慢しろ」
こんなことを言う連中って、本当に多い。


特にこの国はそう。

「争う」ことが、いけないことだと思っていない?
それに、みんな仲良くなんて、本当にできると思っている?

だから、表面上は取り繕って、みんなして、臭いものに蓋と言わんばかりに、
感情に重い「マンホール」をして表に出てこないようにしている。


その結果がどうだろうか?

列車の中にいる人の顔…明るいだろうか?


世界の色々な所を、ワタシは旅してきたけれども、
ここまで表情が一様に「重い」国を見たことがない。

それはそうだ。
「マンホール」で蓋した感情って、どんどん腐敗して、心身を蝕んでいくから。
「ヤム(病む・止む)」というのは、自分のエネルギーを押しとどめること。
行き場のないエネルギーは、確実に自分を攻撃する。


表向きはにこやかにしているフリしていても…奥底に押し込んでいる「重さ」は表に出てくる。

そして、何かのきっかけで、押し込んでいた過去の感情が、前よりも激しい形で出てきてしまう。


その場が荒れるのを防ぎたい氣持ちは、一万歩譲って理解できなくはない。
まあ、他人に八つ当たりするのは、よろしくないとは思う。

が、もっと正直に色々言っていいんじゃないの?

後腐れなく、多少怒ったりしたっていいじゃない。


感情を出さないと伝わらないことだってある。
「嫌」だったら、「嫌」と言えばいい。


それに、別に溜まった感情を、その場で出す必要性も全くない。

先日のワタシみたいに、どす黒い感情をWebに上げてしまう必要は1ミリもない。
自分と向き合って、心に残っている感情をノートに書けばいいだけ。

さっさと感情を蓋している重い「マンホール」を開けてしまった方が楽になると、私は思う。


これをやると、しばらくは、のた打ち回るかも知れないけどね。
のた打ち回った後は、本当にスッキリするから。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444903989
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック