2017年05月14日

「ふるさと納税」でモノを配るくらいなら、廃止した方がいいでしょう

返礼品を目当てに「ふるさと納税」をする人が結構いるらしい。

その中で、「ふるさと納税」の返礼品をやめた自治体があるらしい。
埼玉県の所沢市のお話。

ふるさと納税返礼品、やめたら寄付ゼロ「でも良かった」
http://www.asahi.com/articles/ASK5961S8K59UTNB014.html


記事にある所沢市のケースでも、2016年度で、3700万円のふるさと納税があった上で、その4割程度(1500万円程度)が返礼品になっていた模様。

「ふるさと納税」の返礼品を何となしに眺めていて、納税額の4割程度の値段のモノが返礼品として並んでいるという感覚はあった。


でも、返礼品は、その地域の豊かさを生むであろう、「特産品」であることが多い。

それならば、その「特産品」を目当てに現地に来てもらうなり、ネットで販売するなりなどして、売り上げとして上がってくれた方が、結果的にその地域の人も直接豊かになるし、地域の税収が堅調に上がるんじゃないの?と思ったりする。

今でこそ、ウェブを使えばPRなんてコストはほとんどかからない。
そっちに労力を割いた方が賢いんでないの、と思う。

例えば、各地の観光協会や自治体のサイトを見るけれども、これは!と思うのはほんの一握り。
8割くらいのサイトは、ワタシの興味のあるテーマがその街になかったら、決して見ないであろうレベルのモノばかり。
観光資源のある街ですら、その有様だったりする。

外野で色々見てきただけに、何でPRにもっと労力を割かないのだろうか?とつくづく思う。



それ以上に「?」と思うのは、ふるさと納税の額の4割が、「モノ」になって消費されているということ。

その返礼品を受け取った当人は嬉しいかも知れないが、
その分、公共の用途で使われていたはずのお金が、消費されて消えているということ。

もうちょっと具体的に言うと、保育所や学校の運営に必要な費用や、地域の建物の維持費用などで使われていたはずのお金が、その分、消えてなくなっているということ。

それ…将来に繋がるお金なの?と思うのだが、どうだろうか?


地域に使うお金が「返礼品」に変わっていくのは、少なくともワタシは見ていて氣分がいいものではない。

じゃあ、お前も「返礼品」貰えばいいじゃないか、という話になるけれども、
だったらその分も地域の整備に使ってもらった方が、良いんじゃないの?とワタシは思うからだ。

思い入れのある街や被災地の応援をしたいから、ふるさと納税をしたいと思ってしている人たちもいるだろう。
そんな人たちからしたら、高額な謝礼が来たら、「は?」と思わないだろうか?
そんな金あるくらいなら、さっさと街の整備に使えよ、と。


ワタシも昔は税金は正直払いたくないと思っていたから、「損するのが嫌だ」という意識がどうしても働くのも分かる。
だから、返礼品のある「ふるさと納税」にしてしまおうと考える人たちが出てきたのも理解できる。

でも、結果が整備に行くはずのお金が減って、それが「住みにくい街」に繋がるのであれば、ちょっと待って欲しいと言いたくなる。
そして、「損する」って言うけれども、自分の社会のことじゃないの?と思う。
自分の社会が住みにくくなって、心地良いのかい?って。


どうせ同じ税金を払うのであれば、ワタシはこの街に住みたいのだから、払ってもいいと思っていた方が、心持ちがいいと思う。
そして、どうせなら好きだと思える街に住んでいた方がいいと思う。

そう考えたら、ふるさと納税を残すにしても、「返礼品」はなしにした方がいいように思う。
posted by KAZU at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | これからの社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする