2017年05月08日

リスニングができるようになるコツ

近所にある、カルディでの出来事。


ラテン音楽が流れている。歌詞は当然スペイン語。

ただ、スペイン語に関しては、歌のスピードで普通に話をしたとしても、意味を理解できるほどの力はない。
まして、歌となれば、一般的には、さらに数段難しいと言われている。


それでも、何とか意味を取ろうとして必死になっていることが、よくあった。
今回は、お氣楽な買い物のひとときだったので、聞こえるに任せて「意味を取る」ことを放棄してみた。


すると、聞き覚えのある単語が浮かび上がってきて、何となくだけれども意味が見えてくる部分が出てくる。
スペイン語については、しばらく離れていたが、これでいいんだ、という感じだった。



多くの人は、英語のリスニングなどで、「完璧に理解しないといけない」と思っているだろう。
そして、学校の世界では、理解できなかったら、容赦なく「×」を食らう。

そんなんやっていたら、できるようになる訳がない。
「できない」というデータをせっせと潜在意識に放り込んでしまうのだから。


抑揚の関係で、ほとんど聞こえない音だってある。
そもそも、母語である日本語ですら、一音たりとも聞き逃さずやっている訳がない。
外国語ならなおのこと。


心構えとしては…

最初は、「何か聞いた覚えのある単語」を見つけるくらいの感覚で聞いていた方が、ちょうど良いのかも知れない。

「分からない」とは言うけれども、そもそもその言語のインプット自体が少ないケースがほとんど。
だったら、音という形でインプットしてあげる必要がある。

そんな状態で、文を理解せよ…というのは、ちょっと無理がある。


それよりは、少しでもいいから「分かる」という感覚になった方が、力が伸びやすい。

「聞いた覚えがある単語」が増えていくと、
氣が付いたら「何となくこんなことじゃないかな…と分かる」段階に行くようになる。


実際には、文章を読む・書くなど…他の練習の助けもあった方が上達は早い。
でも、この「聞いた覚えがある」くらいの「小さなできる」を繰り返していくことは、大切だと思う。


「小さなできる」が続くと、
「あれ、ウチこれできるんじゃね?」と、いい意味での「勘違い」が起こり出す。

そうすると、スルスルと上達していく道に入っていく。


リスニングだからと、構える必要はない。
「聞いた覚えのある単語」を見つけることからやっていけばいい、と思って氣楽に聞くことから始めたらいいと思う。

「できない」ことを嘆いていないで、「小さなできる」を大切にして、続けること。
それがリスニングの最大のコツだと。
posted by KAZU at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国語・英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

水の龍が住まう場所

東北の日本海側・出羽を象徴する鳥海山
その麓にある、「瀧」を案内してもらいました。

龍のイメージの #開運出世の瀧
水の流れと共に、エネルギーが流れてくる

#山形 #庄内 #鳥海山 の麓の、 #玉簾の滝 「水なる竜」が周りを清める






   写真: 左・開運出世の瀧 右・玉簾の滝



「瀧」から感じる清らかなエネルギーは強力で、抱えていたものを洗い流してくれる感じがします。
実際、左の開運出世の瀧は、特に強力でした。


瀧めぐりをしていた時に、はたと氣づいたのですが…

「瀧/滝」という漢字は、「さんずい(水)」に「龍/竜」でできているのです。

この漢字を創った人は、「瀧」が水の持つエネルギーの場であることを、おそらく感じていたのでしょう。


東洋で言う「龍」は、「エネルギーの流れ」を象徴していて、「想像上の生き物」として描いているのです。

その感じをなんとなく理解するには、「まんが日本昔ばなし」のオープニングを思い浮かべてもらうといいかと思います。

20代以下の方は見たことない人もいると思うので…



自然と溶け込んで悠然とした感じ。
このオープニングは子ども向けなのでだいぶゆるいですが、それでもエネルギーがある感じです。



水の流れる場所は、心身ともに癒されていく感じがします。
ワタシ自身もふとした時に水辺に行っているのは、それが理由の1つなのかも知れません。


その中でも、やっぱり「瀧」は凄いなと思ったのです。
まさに、「水なる龍」がそこにいる感じ。

「瀧」を見て、「水なる龍」を想像していたと思うと、その想像力に驚きます。

瀧のそばでしばらくボーっとしているだけで、自分の中にあった重いものを色々と流していってくれます。


特に、酒田を中心とした庄内自体が、自然豊かな場所なだけに、より「エネルギー」の高さを感じます。
「龍」が生き生きとしている感じ。


だからなのか、酒田では、相当な数の「龍」の形をした雲に遭遇しました。

龍の雲.JPG 酒田市美術館より.JPG

あの瀧は、もう一度行ってみたい場所です。

2017年05月06日

最上川に抱かれた山形・酒田での 最上のリトリート 

DSC_4287.JPG

写真:玉簾の滝の道中からの鳥海山(出羽富士)



山形から戻って参りました。

最上川の河口にある、酒田の街を拠点に最上のリトリートでした。
過去の記憶が剥がれていき、「ワタシ」に還る感覚が未だに続いています。

#北前船 でかつて賑わった、#酒田 市内を散策。
かつての街区の大きさも、邸宅の大きさも、他の寄港地と桁違いで驚く❗

#山居倉庫 #本間家旧本邸 #旧鐙屋 #旅に出る日本史

写真:山形酒田・山居倉庫


酒田の街は、日本海側でも最大級の港町だった面影を感じました。

北前船の寄港地は色々巡ってきましたが、その中でも旧市街地が格段に大きく、
また、廻船問屋の邸宅を見ても、桁違いでした。

また、江戸〜明治にかけて、海を通して大阪や京都と繋がっていたのもあって、邸宅にある調度品を見ていても品の良い感じでした。


#羽黒山 #五重塔 神々しい

#山形 #出羽三山 #パワースポット巡り 雪深き #湯殿山

#出羽三山 #山形 #パワースポット巡り









  写真: 左・羽黒山五重塔 右・湯殿山鳥居


出羽の聖域・出羽三山。

神々しい雰囲氣に包まれつつ、二千段以上もの石段を登り、たどり着いた羽黒山
雪深い山中にあり、心身ともに生まれ変わる体験をする 湯殿山


聖なる山を駆け登り、古い経験を削ぎ落とし、生まれ変わってくる
そして、何故、蜂子皇子(はちこおうじ)がこの地に開山したのか

それを体感した、貴重な経験でした。


山形 酒田から北、 #遊佐 の #十六羅漢 の #夕日

写真:遊佐・十六羅漢



日本海に沈む夕日 打ち寄せる波の音

その美しさを全身で感じて 
時を忘れてたたずんでいた
心の中に溜まったモノが溶けていく

夕暮れ時の海辺にいるだけでも、癒されていく感じがします。

最後は #日本海 の #夕日 
雨で浄化された後で、心地良い、
1日の終わり。

#山形 #湯野浜海岸 にて。

写真:湯野浜海岸



今回は、氣の合う友人たちと巡ったのもあって、最高の時間でした。
そして、庄内の各地を案内していただきました、熊谷一二三さん、本当にありがとうございます。

熊谷 一二三さんも、今回のリトリートについてご自身のブログで書いていらっしゃいます。
併せて読んでみて下さい。

http://ameblo.jp/0358-h/entry-12272476684.html


心身ともに、流れを整えることで、日々氣持ちよく過ごすことができる、と信じています。

やはり長い間色々な経験をしてきたことで、「イマ・ココ」の「ワタシ」に合わなくて苦しくなることがどうしても出てくることがあります。

それを整えるために、自然豊かな所に行くことは、大事だと実感しました。
その中でも、山形の庄内は、最上の地でした。

オススメです。
posted by KAZU at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする