2017年03月07日

「無様」を越えた向こう

「無様」でもいいと思えると、一氣に楽になる。
昨日も書いたけど、その感覚が腑に落ちた。

「無様」って、他人の評価や価値判断が入っている言葉なんだよね。
「他人の目」を氣にしている。
だから、動けなくなっちゃうんだよね。


だって、今までが、「他人の目」を気にする人生だったから。

学校でも会社でも「成績」に一喜一憂し、
かと言って、変に目立てば、「嫉妬」で返ってくる。
「好きなこと」を言えば、嘲笑された。

「出る杭は打たれる」そんな想念が主流の世界に、馴染もうとしていた。


でも…好きでもない人たちの「物差し」にワタシが従わないといけない訳?

評価や判断の基準って、言うけれども、それは誰が決めたものなの?

「常識」「通念」と言ったものでしょ?
「具体的な誰か」はいないんじゃないの?

もし仮に誰かが「常識」を振りかざして批判してきたとしても、
そんな人のこと、無条件で好きかい?

嫌われるのが怖いんだよね。
だから、「無様」だと言われるのが怖いんだよね。

嫌われるのを怖がって、
好きでもない人の「物差し」に合わせるよう、ワタシを曲げた所で、
その人、「物差し」をひん曲げてでも、「合わない、気に喰わない」と言うからね。


いいじゃん、放っておいて。
「無様」でもいいから、やりたいことやった方がいい。

どんな酷いものでも、慣れた世界を手放すのは正直怖い。
ワタシも今でも怖い。

氣付いた人から、「出る杭は打たれる」なんて古臭い世界脱出始めているからね。

そんな人たちの満ち足りた表情を見ていると…本当に幸せだと感じる。

ワタシは、「ワタシがやりたいことを全力で楽しんでいて、それを楽しめる人たちと過ごしていく」
それが一番いいと思う。
posted by KAZU at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | これからの社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする