2016年12月26日

「リトリート」のススメ

「リトリート」って、何ぞ?と言われると思うので…

元々は、英語で「retreat」 原語は、「後ろ(re-)へ引っ張ること(-treat)」
日本語だと「退却・撤退(する)」といった意味合いになります。

表から引っ込むので、「隠れ家」とか、「休養」といった意味も出てきます。


退却・撤退というと、ともすると否定的にとる人がいますが、
引くこと自体、良いも悪いもないです。


必要だから、「引く」必要があるのです。

何が言いたいのかと言うと、
今までの世の中で良しとされてきたことが、「前のめり」過ぎだったと思うんです。

みんな揃って、仮面舞踏会か、ベルばらかよ、と突っ込みたくなるくらい、「装い」まくるんです。

同時に、氣が付いたら、他の誰かが、ワタシにお構いなく、ワタシの氣に入らない衣装を「装わせよう」としてくるんです。
そして、多くの人は嫌々ながらその衣装を「装ってしまう」んですね。

例えば、どんな「衣装」を着せられるのか?

・常識
・べき論
・世間体


でも、「それだけ」ならば、しんどくないですか?


だから、会社・学校・家庭以外の場所で、「楽に過ごせる場所」というのが重要だと思うのです。
要は「リトリート=逃げ場所」を創ることです。

特に、対人関係のトラブルがあるときは、本当に大事です。

ここ1年、ワタシがやり続けてきたことというのが、
「ワタシのリトリート=逃げ場所」を創ることだったんです。

「逃げ場所」と言うと消極的に聞こえるかも知れませんが、
「素のワタシ」に還れる場所を創っておくことが、大事だと思って色々な所に行きました。

その基準は、「楽しそう『かも』」と感じる所なのです。


『かも』というだけあって、何となく「いい」と感じたことをやってみるだけでいいのです。

別にいきなりどっぷりとはまる必要もないですし、
違うと思ったら、別のことに向かえばいいだけです。

氣が付いたら、いくつか「逃げ場所」って見つかっていくものです。


列車の旅やボードゲームもそうなのですが…

寺社仏閣を回っているうちに、
ハイキングで森に入っていくことが好きになりました。

素で付き合える友人たちに出会えていることが、何よりうれしいのです。

「好きなことを好き」と言える…そんな場所を創りたい、とやっぱり思うんです。
だから、ワタシは「好き」なことをどんどんしゃべっていきたいです。


それでも、「前のめり」で生き続けたい人はどうぞ。
しんどい時も出てきますから、「引く」ことも大事です。


ワタシ自身はこうして「逃げて」良かったと思いますよ。
素に戻っていくうちに、「逃げた」ことを「恥」だとも思わなくなりますよ。

だって、「好き」なモノは「好き」なんだから。

「好き」なことをやっていたら、
そんな嫌な「衣装」の着せあいなんかに、関わっている暇なんてありませんから。

逃げるは「恥」でないし 役に立つ

お後がよろしいようで…
posted by KAZU at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | これからの社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする