2016年12月24日

「奇跡」ってこういうことなのでは?



2年前ルームシェアをしていた頃を除いて、長い間、独りぼっちだった、この時期。

だって、2年前は別として、
「ワタシ」に戻って安心して過ごせる場所が「なかった」もの。

最近は、「ワタシ」をそのまま出して人に会っている。
本当に幸せな日。

昨日のクリスマス会…
そんな人たちに囲まれて温かかった。


こんな素敵なプレゼントもいただいた。




そして、タロットを通して診てもらった。



セドナやバリから一時帰国している方たちまでこの場にいらしていた。
本当、「ワタシ」に戻って楽しんでいる人たちばかり。

そんな人たちと一緒に話をしていて、心の底まで喜ぶ。
今年の始めに、望んでいたものが、手の中にある。

そして…同時に1人感じていた。
…いや、あの場にいた他の方の何人かも感じていたのだろう。

このタロットの写真の真ん中:「剣」を持ったページのカード。

決めて断つ時が来たのだな、と。

「ワタシ」が決めたことだから、なるべくしてなったこと。
しかし、同時にこの場にお互いいることが「奇跡」。

だからちゃんと言いたい。

皆様、本当にありがとう。
posted by KAZU at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする