2016年12月17日

やりたいこと、1つに絞る必要なし!

ワタシの悩みだったことの1つ。


世間一般では、何か1つのことを極めることを良しとするきらいがあるけれども、
ワタシにとっては、結構これがつらかった。


何せ興味が色々移っていくし、やりきったら割と早く飽きてしまうたちのようだからだ。
そして、割と興味を持つ範囲があるためか、「やりたい」ことが分散してしまっていた。


大学でも専門をなかなか決められなかったし、
「将来何をしたいのですか?」と言われても、やりたいことが色々あり過ぎて、
何て答えていいのか、分からないくらいだった。

ワタシの「専門」が分からなくて、本当にもがいていた。


でも、氣づいたんだよね。
「専門」なんてもの、ただの名札。

1つのことに、専念できる人はすればいいけれども、何かの「専門」になろうなんて思う必要ないんだよね。

何か知らないけど、やりたいことをやっていったら、氣が付いたらいっぱしに出来るようになっているものなんだろうと思う。

だから、別にやりたいことを手当たり次第、片っ端からやっていったらいいんだって。
そして、片っ端から発信していく、それでいいんだって。



悩んでいたのが馬鹿らしくなるくらい、すっきりした。