2016年12月05日

「やりたいこと」って何ですか?

ワタシも長い間、「やりたいこと」を忘れてしまっていたので、
「やりたいことが分からない」という感覚になる人がいるのはよく分かる。


むしろ、「やりたくないこと」「やるべきこと」で埋め尽くされてしまった人が、
今までの社会では大多数だったから仕方がないのかも知れない。


「やりたいこと」って…

寝食忘れて夢中になれること


だから「やりたいこと」ができるというのは、「夢の中」にいるような心地良いこと…
ということすら、感じていない。
そのやっていることに没入している。

だから、
「昔、時間を忘れて夢中になったことって何なのだろうか?」
それを思い出してみるのが鍵
かと。

少なくとも、過去に夢中になれたことがあるのであれば、心の中でくすぶっている可能性もある。
だったら、それをキッチリ燃やしてあげればいい。


中には、その描いていたことが壮大過ぎて、すぐにはできないかも知れない。
だとしたら、それに関わるちょっとしたことをしてみるといいかと思う。



ワタシの例であれば…

「列車」の旅を思い切りしたいとは思っていたが、そう思い立った当初は、お金もなかった。
だから、
例えば、初乗りのきっぷで琵琶湖を一周する「大回り乗車」をしたり、18きっぷで旅をしたり…
とにかく、低予算で出来そうなことから始めた


絵を描きたかったら、ペンだけで描いてみてもいいだろうし
作家になりたかったと思っていたら、日記をつけてみるのもいいだろうし


とにかく、すぐにできそうな興味あることをやってみる…それがいいのだと思う。

少なくとも元気になっていくし、そうすると「好きなこと」がだんだんとはっきりしてくるから。
posted by KAZU at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | これからの社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする