2016年12月15日

感じたことを溜めこむと 心身ともに病んでしまう

先日の記事で、感情がどうしても抑え切れずに、ブログでそのまま書いてしまった。
不愉快に思った人もいたかもしれないが、それは仕方がないと思っている。

と言うよりも、
世の中全体が今まで「理性的」であろうとし過ぎていた。

「感情的になるな」
「(怒りや悲しみを感じても)我慢しろ」
こんなことを言う連中って、本当に多い。


特にこの国はそう。

「争う」ことが、いけないことだと思っていない?
それに、みんな仲良くなんて、本当にできると思っている?

だから、表面上は取り繕って、みんなして、臭いものに蓋と言わんばかりに、
感情に重い「マンホール」をして表に出てこないようにしている。


その結果がどうだろうか?

列車の中にいる人の顔…明るいだろうか?


世界の色々な所を、ワタシは旅してきたけれども、
ここまで表情が一様に「重い」国を見たことがない。

それはそうだ。
「マンホール」で蓋した感情って、どんどん腐敗して、心身を蝕んでいくから。
「ヤム(病む・止む)」というのは、自分のエネルギーを押しとどめること。
行き場のないエネルギーは、確実に自分を攻撃する。


表向きはにこやかにしているフリしていても…奥底に押し込んでいる「重さ」は表に出てくる。

そして、何かのきっかけで、押し込んでいた過去の感情が、前よりも激しい形で出てきてしまう。


その場が荒れるのを防ぎたい氣持ちは、一万歩譲って理解できなくはない。
まあ、他人に八つ当たりするのは、よろしくないとは思う。

が、もっと正直に色々言っていいんじゃないの?

後腐れなく、多少怒ったりしたっていいじゃない。


感情を出さないと伝わらないことだってある。
「嫌」だったら、「嫌」と言えばいい。


それに、別に溜まった感情を、その場で出す必要性も全くない。

先日のワタシみたいに、どす黒い感情をWebに上げてしまう必要は1ミリもない。
自分と向き合って、心に残っている感情をノートに書けばいいだけ。

さっさと感情を蓋している重い「マンホール」を開けてしまった方が楽になると、私は思う。


これをやると、しばらくは、のた打ち回るかも知れないけどね。
のた打ち回った後は、本当にスッキリするから。

2016年12月12日

仕事で「ワタシ」を失っていた

ここ数日、重いものが浮き出てきた。

「仕事」について…ベッタリと重い想念がくっついていた。
どす黒い想念が、次から次に湧き上がってきていた。

「ワタシでない何者か」に必死になろうとしていたのに氣付く。(苦笑)

本当に仕事なかったもの。
ドイツでも、日本でも。
仕事については「経験ないんならムリ」と散々言われた、20代。


何とかありついた仕事でも…

本当、イジメも散々受けたし、散々からかわれきて、非常に不快な思いをしてきた。

読めもしない「空気」を読もうともしたけれども、意味はなかった。

見るからに満たされていない「お局」によるいびりも受けた。
別の職場では、財務諸表しか見ずに、「退職勧奨」してきたクズもいた。


それでも、ここを手放したら「次の仕事がない」と思っていた。
だから、どんだけ酷い目にあっても我慢してきた。

鴨川に飛び降りようと思ったことも数知れない。
でも、死ぬこともできなかった。


経験はいくら積んでも、不安でしかなかった。
どうせ誰も認めてくれないと思っていた。

20代で面接で難癖つけられてきた経験が嫌で嫌でたまらなくて、
二度と面接を受けたくないと思っていた。

ワタシを知ってもらおうとするのが、本当に怖かった。

だから、「仕事」…と言うより、「職場」に必死になってしがみついていた。

そして、「職場」で居場所を創るために、
そんな連中を問答無用で、実力でねじ伏せようとしてきた。
仕事を完璧にこなそうとしてきたし、資格も取ったりもした。

でも、必死になって「ワタシでない何者か」になった所で…

「ワタシ」のことを嫌う奴は、嫌う。
難癖つける奴は、難癖つける。
理解しようとしない奴は、理解しない。

心身ボロボロにして媚び売ってまで、付き合う必要性なんてなかったんだ…と氣付いた。

こうして書いた文章を読み返してみた。
これ…ワタシが創り上げていた現実なんだって。

「酷い経験」を引き寄せて当然な、「酷い想念」だった。

ボロボロになって泣いている。
posted by KAZU at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去のKazu | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

「夢中になったことがない」と思っている方へ

世の中には、「夢中になったことがない」と言う人もいるかも知れない。

そう思って、前に書いた記事に書き足したいと思った。

「やりたいこと」って何ですか?
http://kazu-wiz.seesaa.net/article/444628854.html?1481029019



そういう人って、可能性が2つあると思っていて…

1:他人の顔色を気にしまくっていた。 (敢えて「氣」と書かない。)
2:まだ「やりたいこと」に出会っていない。


1は、ワタシも人のこと言えた義理ではなかったので、よく分かりますよ。

「こんなことして大丈夫なんだろうか」
「変に思われたらどうしよう」
…とか。

他人の目が氣になって仕方がない、というもの。

でも、安心してください。
言うほど他人は、あなたのこと氣にしていないですよ。


それに、「やりたいこと」やっているうちに、
間違いなく周りの反応が変わっていきます。

変化については、こちらを参考にしてもらうと分かり易いです。

やりたいことをやる効能
http://kazu-wiz.seesaa.net/article/444334933.html?1481030062




2:まだ「やりたいこと」に出会っていない

これは…もう話は単純です。

「ちょっとでも心地よいと思うモノを選んでいく」

それだけです。

すぐには、大きい喜びはないかも知れません。
でも、日々やっていくうちに、「楽しい」ことへの感度は上がっていきます。

そして、ある時、ふと思い返してみた時に、「ああ、これか!」となるときが出てきますから。


だから、他人の目が気になる人だってそう。

どうしても気になるのであれば、「心地よい」程度の感じでいいので、
自分のできる範囲でやってみればいいんです。

それこそ、誰かに見られないように好きなことしたって、誰も咎めはしませんから。

でも、氣が付いたら、「他人の目」なんて消えていきますから。
posted by KAZU at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | これからの社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする