2016年11月23日

それ「ワタシ」が望んでいると思い込んでいませんか? (高校・大学時代)

だいぶ前に、ワタシの過去をさらけ出していました。

私は「変な子」 理解者は誰もいなかった 小学生時代
http://kazu-wiz.seesaa.net/article/441225855.html

教えて欲しかった「嫉妬」への対処法 中学生時代
http://kazu-wiz.seesaa.net/article/441235597.html


子どもの頃から「知る」楽しみは確かにありました。
そのおかげか、進学校に行って旧帝大に行く…くらいの学力は身につけることができました。

でも、多くの人は誤解していますが、だったら「幸せ」なんじゃないの?
って。

多くの人が、まだ「良い学校に行く⇒良い会社に就職」なんて価値観を信じ込んでいますから。


いやいや、高校・大学と、ちっとも幸せではなかったです。

いじめられていたのかというと、
「いじめ」なんてもの、約一名を除いて見たことありません。

それでも、幸せでなかったのです。
むしろ、年々辛い感じが増していました。



え?知ることが好きなのに何で?って言うかも知れませんが…

いつの間にか「好きだから学ぶ」のではなく、「評価されたいから学ぶ」にすり替わっていたんですね。

評価されなくなるのが怖くて、求められていることを勉強していたんですね。
だから、気が付いたら、ちっとも楽しくありませんでした。

大学での研究のテーマも、自分が「やりたい」ことではなく、
「やるべき」と感じていたことを選んでしまっていました。


「他人の評価」を行動基準にすると、だんだん「やるべき」にすり替わっていって、ワタシが消えていってしまうんです。

だから、「やるべき」ことと、「やりたい」ことが近くても、決して面白くないです。

だって、旅行も行きたかったし、魔法や魔女のことを研究したかったし、ファンタジーの世界の話をしたかったし…ワタシのやりたいことを心の奥底に押し込んで、生きていた訳ですから。

「良い学校に行く⇒良い会社に就職」なんて、「他人の価値観」なんて信じ込んで、必死にワタシでないものに無理をしてなろうとしていて、自分の神経を極限まで削って生きていく感じがしたんです。


ワタシがやっていて楽しいことを突き詰めるために、
良い学校に行くのが良い選択肢だとその生徒が思うならば、そのために勉強するのは、別にいいんです。

でも、「良い学校に行く⇒良い仕事につく」という明治からの「他人の価値観」を信じ込んでいたって、何の役にも立たない所か、害にしかなりません。

子どもは本来知るはずありませんから、大人こそさっさと手放した方がいいです。



常識や世間体なんて、「他人の価値観」の最たるものです。
その「他人の価値観」を語る人間ほど、それを信じ込んで苦しんでいる人がいても、真っ先に見捨てます。

「他人の価値観」を語る人間は、自分で責任を取りたくないから、「他人の価値観」を語るんです。
まして、他人のことなんて絶対に責任を取りません。

そんなずるい人間に耳を貸して苦しむのなんて、割に合わないです。



「しんどい」と思うことの中には、「他人の価値観」が紛れ込んでいることがよくあります。

自分の「やりたい」と思うことにシフトするなり、
「しんどい」と思うことを感じ切ってみるなりしてみる、なんて対策、今だったらできます。


でも、当時のワタシは、
日本にある「他人の価値観」が嫌になって、ドイツへと飛び出しました。

日本にいても幸せになれないと当時は思っていましたから。
せめて好きな対象だったドイツに行こう…なんて思いました。

今だから分かりますが、「他人の価値観」から自由になるという意味で、別の国に行くのはいいのですが、
「日本にいても幸せにならない」というのも、実は違うんですけどね。

それはまた気が向いた時に…
posted by KAZU at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去のKazu | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする