2016年11月21日

「ワタシ」に還る 北海道の旅

もう2週間ほど前になるけれども、北海道に行っていた。

例年であれば、晩秋…のはずだったのだが、「雪」


PB073899.JPG

そんな中、6日間ほど北海道に行っていた。

それは、ちょっと前にも書いた通り。
http://kazu-wiz.seesaa.net/article/442432182.html?1479733528

北海道らしい観光地にも行っていたけれども…

PB073963.JPG
写真:小樽運河


でも、今回の旅行で何か思い出した気がする。

「列車でどこまで行けるか…」そんなことをワクワクして列車を眺めていた、「小さなワタシ」。


何があるか知らないけど、「終着駅」まで行きたい。
そんな気持ちが満たされていく。


PB043661.JPG
写真:留萌線・増毛(ましけ)駅
(2016年12月を以て、留萌⇔増毛間は廃線になる)

PB043647.JPG
写真:増毛から眺める日本海


どうしてもそんな風景が見たくて…
朝5時半に起きて、1日1本しかない終着駅まで行く列車に乗ったりもした。

PB053739.JPG
写真:札沼線・新十津川駅 
(2016年11月現在・新十津川駅には午前中に一往復しか列車が来ない)

普通の観光も楽しいけれども、ただ「そこに行くワクワク感」だけを求めていた。


札幌の街からちょっと外に行けば…

PB063843.JPG
写真:北海道神宮

こんな自然豊かで、心身ともに浄化されそうな場所がたくさんある。

雪が降って雰囲気が清められ、さらに人もまばら…そんな心地良さも、十二分に感じることできた。

それに…
小さい頃から、雨や雪の日に長靴を履いてお出かけするのが好きだったワタシ。
誰にも止められることもなく、雪の中を構わず歩いていた。



これだけワタシが好きなモノで満たされた旅行を、二週間たって振り返ってみて、改めて感じた。

心身ともにワタシに還る旅だった。
ラベル:北海道
posted by KAZU at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする