2018年05月10日

一律で「緊張感を持って」と言うのをやめて欲しいと思う理由

GW明けから、京都伏見から大阪梅田まで通い始めたところ。

昼からの勤務のため、通勤ラッシュの時間を避けての移動。
しかも、私服勤務OK。

このことがとても嬉しい。

通勤ラッシュの列車での移動は、本当に消耗するから。

これがないだけでも、かなり体が楽だ。


そして、年柄年中スーツというのは緊張しっぱなしだし、私にとってはストレスだった。

世の中には、緊張感を持って仕事に臨むべきだ、という考えがある。
そのことは、まあ理解できる。

服装を変えることで、自分のペルソナ・気持ちを変えることができる。
このことも理解できるのだが…

しかし、特段の理由などもないのに、服装を強制されるいわれはない。
だいたい、自分の中でメリハリをつければいいだけのことだから。

そして、これから暑くなるにしたがって、スーツを着ると暑苦しいから嫌なのだ。
正直、効率悪くなっていない?と、ずっと疑問に思っていた。


そして、
日本の社会自体が、異常に緊張させすぎじゃないの?と


私自身が、ただでさえ緊張しやすいタチだったというのもある。
世の中には、一定緊張しやすいタチの人間がいるらしい、というのも最近知った。

こういう人たちにとって、「より緊張感を」と言われるとつらいものがある。
ただでさえ緊張しているのに、これ以上緊張したら思うように動けなくなってしまう人たちなのだ。

緊張しやすい人たちにとって、今までの日本の教育・職業訓練の在り方は、合わないことが多い。
というのも、基本的には緊張状態に置いてコントロールするやり方しかないからだ。

だから、一部の人は、むしろ力を抜くことを覚えた方がより成果が出るのにもかかわらず、
一律でそのやり方を押し付けてしまったら、上手くいくものもいかなくなる。



最近になって、私は自分でそのさじ加減ができるようになったからいい。
「集中力を高める」ために、どの状態でいることがいいのかは、自分で知ることも大事だと思う。

コツの1つは、「緊張感を持って」を「集中して」に読み替えることである程度は対処できる。
もう1つは、自分が集中力を発揮できる場所を見つけること。

しかし、いろいろな人に知っておいてほしいのは、緊張しやすい人たちの中で、そのコントロールの仕方を知らない人も多いこと。
できれば「集中してことに当たって欲しい」という言い方の方がいいのではないか、と私は感じている。


<SNSフォローお願いします>
FB
https://www.facebook.com/kazuteru.yamauchi
ツイッター
https://twitter.com/YKazuteru
インスタグラム
https://www.instagram.com/koenigreichkazu/

<原稿・講演会のお問い合わせ・ご依頼>
ライター:個人プロフィール・Webの原稿など承っています。
講演会 :地域づくり・歴史・旅行・教育などを題材にお話します。

料金の目安
http://kazu-wiz.seesaa.net/article/458005156.html
お問い合わせ・ご依頼は…
https://ws.formzu.net/fgen/S78976118/


posted by KAZU at 08:02| Comment(0) | これからの社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

○○な人とは仕事上つきあってはいけない。

GWも明けて、仕事が始まった人も多いかと思います。


私自身も、今日から派遣で仕事することになりました。
もちろん、ライターは続けています。

↓顛末はこちらをご覧ください。

しばらく二足のわらじを履く生活になります
http://kazu-wiz.seesaa.net/article/459160441.html



フリーで仕事をしていて痛感したのが…

「ルーズな人」と仕事するのは、本当に辞めた方がいい

ということ。


お金の支払いもそうなのですが、
時間については取り返しがつかないだけになおのこと思うのです。

特にフリーで仕事する上では、「ルーズな人」は地雷でしかありません。

雇われて仕事をしていれば、極端な話、与えられたことをやっていさえすれば、給料が降ってきます。
時間やコストがどれだけかかろうと、その分は会社が持ってくれるのです。
これは嫌味でも何でもありません。
実際、このことを期待して私自身も派遣の仕事を始めたのですから。

それだからこそ、雇われて働いていると、知らず知らずのうちに、「時間当たりのコスト」の感覚が抜け落ちていきます。
気を付けないと、お金や時間の面でルーズになりがちになってしまうのです。

これは、日本で際限のない残業がはびこっている一因なのではないか、と私は思っています。

しかし、フリーランスの場合、そうはいきません。どんな事情であれ仕事に穴が開いてしまったら、その間収入はゼロ。
メシを食っていくことを考えたらマイナスでしかないのです。その穴埋めは自分が他の仕事でするしかないのです。


だから、社内の人間と同じ感覚で、フリーランスに「待って欲しい」と言われても困るのです。
あるいは、仕事に着手してから仕様を変更してくれだとかいう人たちも迷惑でしかないのです。
そのための打ち合わせは何だったんだという話になるのです。

自分は上司に言われたままにしているだけなのかもしれませんが、
年齢を問わずこんなルーズなことする人、残念ながら少なくないのです。
約束を守らないと仕事がなくなるフリーの立場にとっては、ルーズな人間は迷惑な存在でしかないのです。

四月にあったトラブルの際も、そのクライアントにルーズな傾向が見えていたのですが、仕事のボリュームと金額に負けて受けてしまったのがまずかったと思っています。
しかし、社内の人間と同じような感覚で発注時期の遅延や仕様変更をするのは、時間感覚の違いだとしか言いようのないことなのかな、とも思っています。


時間・お金にルーズな人が迷惑なのは、雇われ仕事をしていても同じだと、私は思っています。


<SNSフォローお願いします>
FB
https://www.facebook.com/kazuteru.yamauchi
ツイッター
https://twitter.com/YKazuteru
インスタグラム
https://www.instagram.com/koenigreichkazu/

<原稿・講演会のお問い合わせ・ご依頼>
ライター:個人プロフィール・Webの原稿など承っています。
講演会 :地域づくり・歴史・旅行・教育などを題材にお話します。

料金の目安
http://kazu-wiz.seesaa.net/article/458005156.html
お問い合わせ・ご依頼は…
https://ws.formzu.net/fgen/S78976118/
posted by KAZU at 18:00| Comment(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

Chromeでかな入力ができない時の根本的な対処法

PCでの検索で、Chromeをメインに使っていたのですが、半角英数しか打てない状態に。

個人の話であれば、他のブラウザを使うという選択肢もあるのですが、
仕事上Chromeでないと具合が悪いのもあって、かな入力ができないのはかなり致命的。

そこで、原因を調べてみました。
まずはプラグインを調べる…などなど言われるままに。


対処法を探るために、参考にしたサイトのURLを1つ貼っておきますが…

https://productforums.google.com/forum/#!topic/chrome-ja/YTCaNdtQzl8


はっきり言って面倒臭い。
一応色々調べ(てみようとし)た結果、「再インストール」するのが一番手っ取り早いという結論に。

そんな対処法かい!!と言う人もいるでしょうが…
意外にまともな対処法の1つです。


Chromeであれば、googleアカウントさえ持っていれば同期を取れる、つまり、設定を保つことができるので、
再インストールさえできてしまえば、基本的には何の問題もないのです。

再インストールしたChromeで、
設定はちゃんとキープしたままで、
すこぶる快適に日本語入力もできる状態になっています。


PCに強い(と思しき)人に言いたいのが…
読み易い文章にリライトするから、口頭で説明してくださいな。


PCなんて詳しくない人も使っていて当たり前な現状。
どうせ書くなら分かりやすく書いた方が、見る人増えませんか?と思うのです。

もちろん、サイトのターゲットがどこかにもよりますが…それでも読む人にやさしい文章にしてあげた方がいいのでは、と私は思います。


<SNSフォローお願いします>
FB
https://www.facebook.com/kazuteru.yamauchi
ツイッター
https://twitter.com/YKazuteru
インスタグラム
https://www.instagram.com/koenigreichkazu/

<原稿・講演会のお問い合わせ・ご依頼>
ライター:個人プロフィール・Webの原稿など承っています。
講演会 :地域づくり・歴史・旅行・教育などを題材にお話します。

料金の目安
http://kazu-wiz.seesaa.net/article/458005156.html
お問い合わせ・ご依頼は…
https://ws.formzu.net/fgen/S78976118/


posted by KAZU at 22:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする